2020年5月11日大地震(首都直下地震•南海トラフ)の予言はデマ?根拠や発生時間•場所についても

ここ数日地震が続いていますが、2020年5月11日に大地震がくる前震なのではないかと噂が流れています。

 

調べてみると、どうやらかなり以前からイルミナティカードというカードゲームの絵が5月11日の予言していました。

もし本当なら発生時間や場所まで予言がされているのか?

 

ということで、こちらの記事では

  • 2020年5月11日大地震(首都直下地震•南海トラフ)の予言はデマ?根拠は何?
  • 2020年5月11日大地震の発生時間•場所の予言はされている?

について調べてみました。

2020年5月11日大地震(首都直下地震•南海トラフ)の予言はデマ?根拠や発生時間•場所についても

イルミナティカードの5月11日予想は以前よりされていましたが、5月に入ってから千葉県で震度4程度の地震が発生していることでもしかして大地震の前触れ?・・・と思っている人が増えてきているようです。

 

2020年5月11日大地震の予言はデマ?根拠は?

2020年5月11日の大地震の予言の根拠になっているのはこちらのイルミナティカードです。

ポイントとしては

  • 服の色がオリンピックカラー(オリンピックの年→2020年)
  • 絵の中の時計台が銀座和光の時計台に似ている(銀座和光の住所5−11→5月11日)

ということから2020年5月11日に大地震が起こると言われているのです。

 

ちょっと無理やりな気がしますが、このイルミナティカードはコロナも予言したと言われているので怖いですね・・・。


1994 Illuminati New World Order INWO Limited Edition イルミナティカード ブースターパック 1パック(15枚入り)

 

 

 

また、予言しているのはイルミナティカードだけではありませんでした。

【人生が変わる17分】南海トラフ、首都直下型地震が2020年5月11日に起きると予測できる3つの理由

元アナウンサーで作家の石井貴士さんがご自身の動画の中で4月の時点で3つの理由から2020年5月11日の大地震を予想しています。

 

その3つの理由というのがこちら

  1. コロナの後、戦争の前が5月11日だから
  2. 台湾地震予測研究所の予測結果が4月17日〜5月17日の間だから
  3. 仮に地震兵器と考えると5月11日が一番都合がいいから

 

ひとつめの理由が「コロナの後、戦争の前が5月11日だから」というのは

  • 歴史を振り返ると感染症の後には地震がやってくる、地震の後には戦争がある
  • 今回戦争があるタイミングがあるとすればアメリカ大統領選挙の11月3日(11月3日より前に地震があるはず)
  • 東大震災が3.11、アメリカ同時多発テロが9.11なので「5.11」「7.11」「9.11」が危ない

という理由があると話されています。

 

ふたつめの理由「台湾地震予測研究所の予測結果が4月17日〜5月17日の間だから」は台湾地震予測研究所の林さんという方は2016年の熊本地震も的中させており、その方が4月17日に新しく発表した予測が

4月17日〜5月17日の間 東京駅・東京・京都・広島でマグニチュード8+〜マグニチュード9+の巨大大地震が起きる

と発表されたそうです。

 

三つ目の「仮に地震兵器と考えると5月11日が一番都合がいいから」というのは石井さんも地震兵器なんて信じられないと話されていますが

  • コロナウイルス
  • オリンピック延期

など想定外のことが起きたので「地震兵器」という想定外のことも考えてみた結果、日本の敵国が地震を起こしたいと考えた時に、一番日本にダメージを与えたいと考えた場合に・・・GWの自粛期間が開けた月曜日、つまり5月11日となる、と説明されています。

 

どれも信じがたいような、でも石井さんが淡々と話すと本当なのかなあ?という気にもなってきますよね。

 

ちなみに他の動画では前震との本震の関係性を説明されており

  • 東日本大震災は前震の2日と3時間1分後
  • 熊本地震は前震の2日と5時間21分後

に発生しており、もし5月11日に大地震が発生すると仮定するならば「5月6日〜9日の間に前震があれば逃げなければいけない」と話されています。

 

5月6日明け方に関東で地震があり・・・・本当であれば怖すぎますし、怖いといっている場合ではないですよね。

2020年5月11日地震発生時間•場所は予言されている?

では場所や時間は予言されているのでしょうか?

場所に関してはイルミナティーカードでは東京の写真で「首都直下地震」が予言されていますが、台湾地震研究所の予測では「東京駅・東京・京都・広島」としているので「首都直下地震」「南海トラフ」が考えられています。

 

首都直下地震であれば言葉通り東京を中心に関東が被害の中心になってしまいます。

こちらから被害想定マップもチェックできますよ。

 

南海トラフでは太平洋側の都道府県が被害の中心になってしまいます。

こちらから被害想定地域を確認できます。

 

どちらにしても大打撃ですね・・・

 

時間に関しても探してみましたが、時間に関してはいくつか仮説がありました。

イルミナティーカードの時計台の写真では「夜中2時55分あたり」をさしていたり、別のカードでは「8時46分 or 20時46分」を示しているというものもありました。

 

信じたくない気持ちでいっぱいですが、日本に住む限り地震がいつか起きるのは覚悟しなければいけないので、最低限の備えだけはしておくのが良いかもしれませんね。

 

すでに用意されているご家庭が多いと思いますが、防災セットを用意していない方は用意しておきましょう!

 

ただし、需要が増えているのか、現在防災セットは納品に時間がかかる商品が多いようなので購入前に必ず配送日をチェックしてくださいね!

まとめ

今回は2020年5月11日に大地震が予言されているという噂から根拠や場所・時間を調べてみました。

コロナの予言もしていたと言われているイルミナティカードでは少し無理やりこじつけた感じがありましたが、ユーチューブで解説されている石井貴士さんの理由は説得力がありましたね。

 

誰もが信じたくはないと思いますが、最悪の場合を想定して準備はしておいた方がいいのかな、と思いました。

コメント