橋本岳議員は離婚している?学歴(大学•高校)•経歴や家族(嫁)への暴力事件の噂についても

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

神戸大学病院の岩田健太郎先生がダイヤモンド・プリンセスの船上がゾーン分けができていないため危険であると報告してくれたことを受け、厚生労働副大臣の橋下岳議員がゾーン分けはきちんとできているといしてTwitterに船上のゾーン分けの写真をのせました。

 

投稿後2時間で削除されてしまった写真ですが・・・本当か疑いたくなってしまうものでしたね。

この投稿をした橋本岳議員はどんな人なのでしょうか?

また家族へのDVで離婚しているという噂もありましたので真相を調べてみました!

橋本岳議員は離婚している?学歴(大学•高校)•経歴や家族(嫁)への暴力事件の噂についても

内部告発とまで言われてしまっている橋本議員のTwitter画像はこちら↓

ちなみに現地はこんな感じ。

画像では字が読みにくいですが左手が清潔ルートで右側が不潔ルートです。

と記載されていますが・・・どう考えてもあちら側で繋がっています。

右手で中にいる人が作業しているようにも見えますが、同じエリアでウイルス消毒?ウイルス検査などが行われているということでしょうか?

 

そもそも「不潔ルート」「清潔ルート」という言葉を使うのか・・・・船内には外国人もいるはずですが、どうして日本語だけなのか・・・・

素人目に見てもツッコミどころが多すぎるのですが、これをTwitterに岩田先生への反論として投稿した橋本議員ってどんな人なんでしょうか?

 

橋本岳議員の学歴(大学•高校)•経歴などプロフィール

橋本岳さんのプロフィールはこちら

  • 名前:橋本 岳(はしもと がく)
  • 生年月日:1974年2月5日
  • 出身地:岡山県総社市
  • 学歴:学校法人関西学園岡山高等学校、慶應義塾大学環境情報学部、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科

 

経歴は以下の通りです。

  • 1998年4月:三菱総合研究所入社
  • 2004年7月:静岡大学情報学部情報学研究推進室客員助教授就任
  • 2005年8月:三菱総合研究所を退社
  • 2005年9月:第44回衆議院議員総選挙初当選(比例当選)
  • 2009年8月:第45回衆議院議員総選挙落選
  • 2012年12月:第46回衆議院議員総選挙で当選(2期目)
  • 2014年9月:厚生労働大臣政務官に就任
  • 2014年12月:第47回衆議院議員総選挙当選(3期目)
  • 2015年10月:自由民主党外交部会長に就任
  • 2016年8月:厚生労働副大臣に就任
  • 2017年8月:自由民主党厚生労働部会長に就任
  • 2017年10月:第48回衆議院議員総選挙当選(4選期目)

 

橋本岳議員、なんと、元内閣総理大臣の橋本龍太郎さんの次男でした。

2005年初当選した時にはの父・龍太郎の地盤を継ぎ岡山4区より出馬をされましたが、民主党公認の柚木道義氏に敗れ、比例中国ブロックで復活当選しています。

 

祖父の橋本龍伍さんも衆議院議員でしたので代々議員家系なんですね。

橋本岳議員には他に兄1人、姉2人、妹1人がいますが、お兄さんは政治の仕事にはついていないようで情報が見つかりませんでした。

 

橋本岳議員暴力事件の噂は?嫁とは離婚している?

 

そんな橋本岳議員ですが大学院時代に同級生と学生結婚され、22歳で父親になっています。

奥様は「栄里子」さんという方で子供は4人(男2人、女2人)いらっしゃいます。

 

その栄里子夫人とは家庭内暴力(DV)が理由で別居されていたようです。

DVの噂についてはこちらで見ることができます。

 

また奥様から岳氏に絶縁状を送られたという噂もありました。

「離婚」という噂もありましたが、実際に離婚したという事実は見つけることができず、別居の噂から離婚の噂が立ったと思われます。

 

何れにしてもご本人が語られたことではないので真相はわかりませんが、政治家一家に嫁いだということだけを聞いても色々大変そうです。

栄里子夫人は外部がわからないような大変な思いをされてきたのだろうな、というのはわかりますね。

まとめ

今回は厚生労働副大臣の橋本岳議員について調べてみました。

政治一家に生まれた岳氏は橋本龍太郎元総理大臣の次男でした!

 

学生時代に結婚をし、4人の子供をもうけているものの夫婦の関係はあまり良い噂がありませんでした。

コロナウイルスの件でも色々批判がありますが、厚生労働副大臣として国民の命を守るベく頑張っていただきたいですね。

コメント