beco(騒音のない世界)の本名や年齢・職業などプロフィール!著作権や楽譜についても

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

 

今回はインストバンドYouTuberとして人気の「beco(騒音のない世界)」チャンネルのbecoさんをご紹介します。

 

ボーカルがなく、楽器のみで構成されている「インストゥルメンタル」バンドは近年日本でもオシャレな音楽として人気を集めています。

 

その中でもbecoさんの作る音楽はレトロな雰囲気が漂う曲や、颯爽とした曲など、何度聴いても飽きがこない曲として多くの人に愛されています。

 

今回はそんな人気のbecoさんの

  • beco(騒音のない世界)のプロフィール(本名や年齢・職業など)
  • beco(騒音のない世界)の著作権はどうなってるの?
  • beco(騒音のない世界)の楽譜はあるの?

について調べてみました!

beco(騒音のない世界)の本名や年齢・職業などプロフィール!著作権や楽譜についても

こちらがbecoさんの曲の中でも一番の再生回数を誇る(2021年5月現在)「それゆけワンダーランド」という曲です。

 

[Music] それゆけワンダーランド – beco (騒音のない世界)

 

ボーカルがないので当然歌詞もないわけですが、視聴者によって様々なイメージを抱きながらこの曲を楽しんでいるようです。

 

月に一度新曲を公開しているbecoさんは、今まで数々の名曲を発表されています。

 

楽曲はSoundCloudからの無料ダウンロードや定額制の音楽配信サービスで聴くことができますが、
購入して聴きたい方はCDやiTunes storeなどで購入することもできます。

 

 

色々なところでbecoさんの音楽が聴けるのは魅力ですね!

 

beco(騒音のない世界)の本名や年齢・職業などプロフィール

そんな才能溢れるbecoさんのプロフィールはこちらです。

 

  • 本名:非公開
  • 生年月日:非公開
  • 年齢:30代?
  • 居住地:東京都
  • 職業:スマホアプリ系プログラマ、作曲家、YouTuber

 

becoさんは基本、音楽配信のみで素顔や素性を明かしていないので謎が多いクリエイターさんです。

 

SNSやブログなどでbecoさんのことを調べてみましたが、本名や生年月日、年齢なども残念ながら分かりませんでした。

 

しかし、年齢に関してはbecoさんの楽曲に「平成生まれ」という曲があるので、実際に平成生まれなのかな?と想像しましたが、平成最後の日に投稿した曲なので真意は謎です。

 

そして、becoさんの弾き語り動画ではBUMP OF CHICKENの「プラネタリウム」、くるりの「ばらの花」など懐かしい曲を歌っているものが多いです。

 

また歌っているシルエットや声などから、個人的には30代くらいの方かな?と思いました。

 

プラネタリウム – BUMP OF CHICKEN 弾き語りカバー by beco (騒音のない世界)

歌声も素敵ですね!

 

 

becoさんは現在東京都在住のようです。

 

日常をつぶやく方のTwitterアカウントにて、位置情報が東京都となっていました。

 

また、そちらのアカウントのプロフィール欄では、スマホアプリ系のプログラマと記載されています。

 

本職はプログラマをされているのですね。

 

プログラマの仕事をされながら、2017年より月1回新曲を配信し続けているのはすごいですね!

 

謎が多いbecoさんですが、それもまた魅力の一つだなと思いました。

 

beco(騒音のない世界)の著作権はどうなってるの?

 

becoさんの楽曲は無料でダウンロードできることから、ゲーム実況者のYouTuberさんなど、BGMとしてbecoさんの音楽を使用している方も多いようです。

 

しかし、著作権などはどうなっているのでしょうか?

 

becoさんのサイトでは著作権について以下のように記載されています。

 

著作者に帰属するあらゆる権利を放棄しません。楽曲を自分の作品と偽る行為や、楽曲を販売する行為、本規約を逸脱する行為などはご遠慮ください。

 

そして商用利用については、

商用での利用につきましても非商用の場合と同様に全て無料でご利用できます。ただし、何らかの損害が生じた場合でも、当方は一切の責任を負いません。

 

かなりゆるい規約となっているようですね。

 

このように無料で音源を配信しているのは、「作品やコンテンツなどの制作に役立ててほしい」という思いがあるからだそうです。

 

実際の利用ケースとしては、

  • YouTubeやニコニコ動画などで流すBGM
  • イベントなどの会場で流すBGM
  • テレビやラジオで挿入するBGM等があります。

 

しかし、楽曲をそのまま再アップロードするなどの転載や、それに準ずる行為に関しては禁止されています

 

つまり、「BGM集」のような音楽を聴くことが主となるようなコンテンツで、becoさんの楽曲をそのままアップロードするのはNGということです。

 

becoさん自身も昔からフリーのグラフィックやBGMなどに助けられてきたという体験から、著作権に関してはかなり柔軟な考えをお持ちのようですが、全てがOKというわけではないので注意が必要です。

 

楽曲の利用規約についてはbecoさんのブログでも詳しく語られていますので気になる方はご覧になってみてください!

 

beco(騒音のない世界)の楽譜はあるの?

becoさんの楽曲を聴き、自分でもbecoさんの曲をギターやピアノで演奏してみたいと思われている方も多いようです。

 

そこで楽譜が出ているのかを調べてみましたが、公式では楽譜は出していないようです

 

しかし、ご本人以外の方が耳コピなどで作った楽譜がYouTubeやネット上で公開されているものをいくつか発見しました。

 

現時点ではbecoさんの楽譜は公開されていませんが、ファンの方からの要望が多ければ将来的には商品化される可能性もあるかもしれませんね!

 

まとめ

今回はインストバンド系YouTuberとして人気のbecoさんについて調べてみました。

 

becoさんの音楽はBGMとして聞かれることが多いかと思いますが、不思議な存在感を放ち、何度もリピートして聞いているという視聴者の声が多数ありました。

 

これからもbecoさんワールドに多くのファンを引き込んでくれることを楽しみにしています!

コメント