デフサポちゃんねるの旦那や子供は?大学や年齢・仕事などプロフィールまとめ

 

今回は難聴者のリアルを届けてくれて、人気を集めている「デフサポちゃんねる」のユカコさんをご紹介します。

 

ユカコさんの動画は、難聴者の日常から家族との関係など、様々な角度から赤裸々に語ってくれているのが魅力です。

 

そして何よりユカコさんの明るい人柄が人気を呼び、YouTubeを始めてわずか1年少々で4万9千人以上のチャンネル登録者数を誇り、マスメディアをはじめ多方面の方々からの注目を集めています。

 

今回はそんな人気のユカコさんの

  • デフサポちゃんねるの家族(旦那・子供)は?
  • デフサポちゃんねるのプロフィール(大学や年齢など)
  • デフサポちゃんねるの仕事は?

について調べてみました!

デフサポちゃんねるの旦那や子供は?大学や年齢・仕事などプロフィールまとめ

 

こちらがユカコさんです。

 

 

笑顔が素敵で美人な方ですね!

 

ユカコさんは先天性の聴覚障がいで、両耳120dBの重度な難聴だそうです。

 

飛行機の轟音なども聞こえないそうですが、相手の話しは読唇術で理解し、聴覚障がいであることを感じさせないくらいはっきりとした発音で会話をします。

 

自らも幼稚園の頃より発音の訓練を受けてきた経験を通し、難聴児の言葉のトレーニングの重要性を訴えています。

 

 

デフサポちゃんねるの家族(旦那・子供)は?

 

そんなユカコさんは現在結婚をされていて、旦那さんと二人のお子さんがいます。

 

旦那さんは健常者の方で、動画にも度々登場してくれています。

 

難聴の私と、聞こえる夫との馴れ初め♡そして、聞こえないのに気にならなかったのか?聴覚障害ある嫁と、聞こえる旦那の夫婦ちゃんねる【フル字幕付き】デフサポちゃんねる

とってもイケメンですね!

 

旦那さんとの出会いは、友達同士がいろんな友達を連れて集まったキャンプだったそうです。

 

お酒好きの二人は意気投合し、キャンプ後も何度か友達を交えて飲みに行くようになり、その流れでお付き合いするようになったそうです。

 

ユカコさんと付き合う時に「耳が聞こえない」ということは気にしなかったのか?

という質問に対し、旦那さんは以下のように話されています。

 

付き合うのにハードルが高いとかはなかった。

障がいって性格が悪い人も障がいだと思っている。

性格が悪い人と耳が聞こえない人だったら、耳が聞こえなくても性格が良い人の方がいい。

だからそんなには気にならなかった。

 

旦那さんは心もイケメンですね!

 

その後、結婚されたお二人には現在二人の娘さんがいます。

 

 

長女さんは50万人に1人の骨の難病をもって生まれ、片耳難聴の症状もあるそうです。

 

しかし今では長女さんも短い距離なら歩けるようになったそうで、元気にいちご狩りもしています。

聴覚障害の私と家族の日常〜聞き取れない時は?※字幕付き_デフサポちゃんねる

 

これからも仲良しな家族の日常を配信してほしいですね!

 

デフサポちゃんねるの大学や年齢などプロフィール

それではユカコさんの気になるプロフィールも見てみましょう!

 

  • 本名:牧野友香子
  • 生年月日:1988年
  • 年齢:32~33歳?(2021年3月現在)
  • 出身地:大阪府
  • 出身校:天王寺高校、神戸大学発達科学部卒業

 

ユカコさんの本名は牧野友香子さんです。

 

人気のニュース番組にも本名で出演されていました。

 

また、誕生日は公表されていないため生年月日は分かりませんでしたが、1988年生まれである事が分かりました。

 

1988年生まれですと2021年の誕生日で33歳になる年ですね。

 

 

そしてユカコさんの出身地は大阪府です。

 

大学までは地元関西で過ごし、就職で関東に来たそうです。

 

現在は神奈川県の横浜市に在住されています。

 

また、ユカコさんのすごいのは重度の難聴であっても、幼稚園から大学まで一般の学校を卒業されているところです。

 

しかも進学校!

 

高校は偏差値75といわれている天王寺高校を卒業。

そして大学は偏差値60を超える神戸大学発達科学部(現国際人間科学部)を卒業されています。

 

耳が聞こえない中、読唇術だけで先生の話を理解するのは難しいため、高校時代などは授業中も参考書を開いたりして独学で勉強していたそうです。

 

まさに努力の達人ですね!

 

デフサポちゃんねるの仕事は?

 

そんな才色兼備なユカコさんの仕事についても調べてみました。

 

大学卒業後、ユカコさんは大手電機機器メーカーのソニー株式会社に一般採用枠で入社され、7年間人事部で活躍をされていました。

 

しかし難病をもつお子さんを出産して、ご自身が何をどうすればいいのか分からずに悩んだ体験から、難聴についても知りたい人がいるのではないか?と思うようになったそうです。

 

その後、難聴者のことをブログに書いて発信するようになり、第二子のお子さんの育児休暇中には難聴児の親御さんたちのカウンセリングも積極的に行い「デフサポ」を立ち上げました。

 

「デフサポ」とは

def(素晴らしい・素敵な)
deaf(ろう・聴覚障害)
Support(支える・支援する)

この3つの意味を合わせてdefsapo(デフサポ)だそうです。(デフサポHPより)

 

デフサポの活動を積極的にするようになったユカコさんは、ソニーとの両立では時間に限りがあるため、ソニーを辞めてデフサポだけに専念することを考えました。

 

経済的なこともありすぐには決断できなかったそうですが、ソニーの先輩の後押しや、難聴児の親御さんたちがどこにも手を差し伸べられず困っている姿を見て、「自分がサポートできることがあるなら、やらないと後悔する!

との思いでソニーを辞める決心をしたそうです。

 

動画でも熱い想いを語ってくれています。

 

難聴のある私が、大好きなソニーを辞めて起業したわけ※字幕付き【デフサポちゃんねる】

 

ユカコさんは 現在「デフサポ」代表として難聴児の言葉を伸ばす通信教材を作ったり、カウンセリングや講演会、企業研修など幅広く活躍しています。

 

これからもユカコさんの声が多くの人たちに届くといいですね!

 

まとめ

今回は「デフサポ」代表として活躍されているユカコさんについて調べてみました。

 

ユカコさんの動画を見て、今まで知らなかった難聴者の方の世界を少し知ることができました。

 

そして幸せとは自分の心の中から作り出していくものであることを学びました。

 

これからも多くの視聴者に勇気を与えてくれるユカコさんらしい動画配信を楽しみにしています!

 

コメント