日ノ隈らんの前世(中の人・声優)はにぽ?プロフィールまとめや素顔の画像があるかも

皆さんはVTuberのユニットの「有閑喫茶あにまーれ」というユニットをご存じでしょうか?

 

あにまーれとは東京北区赤羽のどこかにあるらしく、ゲームや雑談などを楽しみながらおいしい珈琲が飲める喫茶店です。

そこでは動物のような女の子のVTuberが働いています。

今現在は8名が所属しているあにまーれですが、今回はそんな中の日ノ隈らんさんについて紹介していきたいと思います。

日ノ隈らんの前世(中の人・声優)はにぽ?プロフィールまとめや素顔の画像があるかも

日ノ隈らんのプロフィール!(所属や中の人など)

日ノ隈らんさんのプロフィールはこちら!

 

日ノ隈らんさんは774inc.所属の自称「永遠の12歳」のVTuverです。

 

2018年8月30日よりupd8に参加していましたが、運営方針により2020年4月30日をもってupd8からは脱退しています。

キャラクターのモチーフはヒグマとなっています。

 

実は有閑喫茶あにまーれの店員ではなく、いつも入り浸っているメンバーで、お店のマスコットのような扱いで愛されています。

 

日ノ隈らんさんは「らん太郎」や「らんちゃん」と呼ばれることが多く、本名を「日ノ隈らん太郎」と間違われることも多いようです。

 

激辛料理を食べる配信をたびたび行っていて、その結果から胃腸を悪くしてドクターストップをかけられたこともあるそうです。

これを聞くと激辛が得意でいろいろ食べているというように感じますが、激辛料理は苦手だそうです。

 

日ノ隈らんさんの前世は、ツイキャス主のにぽ君であると特定されています。

ツイキャス主のにぽ君とは、雑談配信がメインで配信をしたり、過激なコンテンツとして凸待ちや顔出し配信などにも挑戦していました。

 

にぽ君は過去に体調不良が理由で活動休止をしていましたが、現在のTwitterは稼働しているようです。

 

特定に至った理由はまず中世的な声の一致です。

日ノ隈らんさんは中世的で舌足らずなしゃべり方と声が特徴的ですがその特徴がボーイッシュな声のにぽ君と酷似していました。

 

また、北海道出身ということや、永遠の12歳という設定も共通しています。

 

顔出し配信をしていたということで顔の画像があるかと探してみたのですが、twitterのこちらの画像しか見つかりませんでした。

Twitter

過去の配信が見られればもしかすると顔の確認ができるかもしれませんね。

日ノ隈らんのYotube活動

日ノ隈らんさんは様々な場所に出現するために、幅広いジャンルの知人や友人がいます。

 

Youtube活動は雑談配信や麻雀配信からFPSゲームの配信などをしています。

雑談配信やUNOの配信などであにまーれの面々と配信したりしていますが、FPS配信ではプロゲーマーの方と配信することもあります。

 

プロゲーミングチームの「父の背中」の面々とも仲が良く、レインボーシックスシージの配信などを一緒にしたりしています。

 

今後のコラボとしては5月3日にAPEXのVTuber疑似カスタムという企画で、渋谷ハルさんと渋谷ハジメさんとコラボすることが決まっています。

コラボ時には、ムードメーカーとして盛り上げ役となることが多いです。

 

また、第1回「VakaTuberは誰だ」という企画では「初代VakaTuber」という不名誉な称号を手にしてしまうほど勉強は苦手なようです。

以降も参加するたびに最下位争いをしています。

まとめ

今回は有閑喫茶あにまーれに入り浸っているメンバーの日ノ隈らんさんについて紹介してきました。

 

日ノ隈らんさんは前世がツイキャス主のにぽ君で、中世的な声で舌足らずなしゃべり方が特徴的なVTuberでしたね。

日ノ隈らんさんは大人数でいる時のムードメーカー的な部分もあるのでコラボしている動画を見るとより日ノ隈らんさんの魅力が見られると思います。

 

今後の日ノ隈らんさんのYutube活動も楽しみにしていきたいですね。

コメント