小川慶治朗のプレースタイルは?家族(嫁・子供)や年俸などプロフィールも

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

2月に入っていよいよアジアチャンピオンズリーグのグループステージが始まりましたね。

 

既に第1試合を戦った日本のクラブチームはFC東京とヴィッセル神戸です。

 

FC東京は1-1の引き分けに終わりましたが、ヴィッセル神戸は5-1の快勝でしたね。

 

そこで今回はAFC(アジアサッカー連盟)がアジアチャンピオンズリーグ第1節の週間最優秀選手として発表したヴィッセル神戸所属の小川慶治朗選手の学歴や経歴などプロフィールから年俸、プレースタイルについてまとめてきました。

小川慶治朗のプレースタイルは?家族(嫁・子供)や年俸などプロフィールも

小川慶治朗のプロフィール(学歴・経歴・家族など)

小川慶治朗選手のプロフィールはこちら!

  • 名前:小川慶治朗(おがわ けいじいろう)
  • 生年月日:1992年7月14日
  • 身長:170cm
  • 体重:67kg
  • 血液型:B型
  • 所属チーム:ヴィッセル神戸
  • 出身地:大阪府豊中市
  • ポジション:FW
  • 利き足 : 右

小川慶治朗選手は三田市立すずかけ台小学校に通いながら、ウッディSCというサッカークラブに通います。

 

中学校に上がると三田市立けやき台中学校に通いながら、ヴィッセル神戸ジュニアユースに入団します。

 

中学卒業後は神戸学院大学附属高校に通います。

 

神戸学院大学附属高校は小川慶治朗選手のほかに小林友希選手など何人かのサッカー選手を輩出しています。

 

神戸学院大学附属高校に通いながら、ヴィッセル神戸U-18でプレーをします。

 

2010年に2種選手登録され、横浜F・マリノス戦に途中出場し、17歳5か月13日のクラブ最年少出場記録を樹立します。

 

2018年7月~12月の間に期限付き移籍で湘南ベルマーレでプレーした経験があります。

 

その期間以外はずっとヴィッセル神戸でプレーしている選手です。

 

代表歴はA代表にはまだ選ばれたことがありませんが、U-15日本代表候補U-16U-17日本代表に選ばれた経験があります。

 

下部組織でプレーしているころから将来の期待をされ続けてきた小川選手ですが、2011年に右足関節脱臼骨折、2015年には足首の故障、2016年には右第2中足骨骨折で手術、2017年には鎖骨骨折で離脱など怪我に悩まされ続けてきました。

 

怪我によって出場機会に恵まれないことも多くない小川選手でしたが、トルステン・フィンク監督就任後の2019年からは徐々に出場機会を増やしてきています。

 

小川慶治朗選手は2017年の3月22日に結婚していて、お相手は一般女性です。

 

お相手の方は一般女性ということもあり情報はとくには出てきませんでした。

 

小川選手は結婚しているということもあり、子供がいるのかどうかも気になりますよね。

このインスタグラムの投稿の2枚目の写真には、子供を抱いている小川慶治朗選手が写っていて、明確に情報は書いていないのですが、おそらくこのお子さんが小川選手の実のお子さんなのではないかと推測します。

 

小川啓次郎選手のいとこは、大阪☆春夏秋冬のMAINA(マイナ)さんということがわかりました。

とても仲が良いことがうかがえる写真ですね。

小川慶治朗の年俸

小川慶治朗選手の年俸の推移はこちらです。

2011年 480万円
2012年 480万円
2013年 480万円
2014年 2500万円
2015年 2500万円
2016年 3000万円
2017年 2800万円
2018年 3000万円
2019年 3000万円

 

年俸が飛躍的に上がっている2013年から2014年の間にはJ2に降格したチームを39試合16得点で再びJ1に昇格させる活躍がありました。

小川慶治朗のプレースタイル

アジアチャンピオンズリーグでハットトリックを達成した小川慶治朗選手のプレースタイルを紹介していきます。

 

小川選手はサイドで起用されることも多く、豊富な運動量が目立ちます。

 

さらにスピードも兼ね備えていて、1試合にするスプリント回数はJ1の中でもトップクラスです。

 

なんと1試合に47回のスプリントを記録したこともあります。

 

スピードを生かした武器を持っている一方で足元の技術には少し難があります。

 

トラップの精度不足やポジショニングの取り方で、多少厳しい体勢からシュートを打つというシーンも多くみられるのでそのあたりを改善するともっといい選手になると思います。

まとめ

今回はアジアチャンピオンズリーグで見事ハットトリックを決め、週間最優秀選手にも選出され小川慶治朗選手についてまとめてきました。

 

怪我をして悩まされる時期も多くありましたが、結婚もしているということで新たな家族のためにもこれからもより一層の努力をしていかないといけませんね。

 

プレースタイルはスピードと運動量で相手を翻弄することのできる選手で、今後足元の技術が備わればもっといい選手になる気がしますね。

 

小川慶治朗選手のアジアチャンピオンズリーグでのさらなる活躍に期待しましょう。

コメント