韓国女優シムウンギョンの熱愛彼氏は?日本語や新聞記者出演はなぜかも調査

「第43回日本アカデミー賞」最優秀作品賞に藤井道人監督の『新聞記者』が輝きました!

そして同作でW主演を務めたシム・ウンギョンさんが最優秀主演女優賞を、松坂桃李さんが最優秀主演男優賞を取得しました!

トリプル受賞です!!

 

その中でも韓国人のシム・ウンギョンさんが日本映画初主演で最優秀主演女優賞に輝かれたのはすごいですね!!

今回はこのシム・ウンギョンさんについて調べてみました。

韓国女優シム・ウンギョンの熱愛彼氏は?日本語や新聞記者出演はなぜかも調査

シム・ウンギョンさんのプロフィールはこちら!

  • 名前:シム・ウンギョン(韓: 심은경)
  • 生年月日:1994年5月31日
  • 年齢:25歳(2020年3月時点)
  • 出身:ソウル特別市
  • 身長:160.5cm
  • 血液型:B型
  • 職業:女優・タレント
  • 趣味・特技:歌・テコンドー
  • 出演作品:「サニー 永遠の仲間たち」「怪しい彼女」「少女は悪魔を待ちわびて」「サイコキネシス -念力-」「ときめき♡プリンセス婚活記」「良い子はみんなご褒美がもらえる」「黒と赤」「のだめカンタービレ 〜ネイル カンタービレ」・・・などなど

 

今回「第43回日本アカデミー賞」を受賞した「新聞記者」はdTVで視聴することができますよ!

有料作品なのですが、dTVはじめて登録する方は31日間無料お試し期間があるので実質有料作品代の400円のみで視聴することができちゃいます!


またシム・ウンギョン出演作品であれば

  • サニー 永遠の仲間たち
  • 怪しい彼女
  • 新感染・ファイナル・エクスプレス

が無料作品として配信されていますので登録すれば視聴することができちゃいます。

(2020年3月6日の配信状況です。配信状況は変更する可能性があるので視聴する際には公式サイトをご確認ください。)

シムウンギョン dTV

(画像引用:dTV

韓国女優シム・ウンギョンの熱愛彼氏は?

 

こんな綺麗なシム・ウンギョンさんなので恋愛の方も気になりますよね。

調べてみましたが、2020年で26歳になるシム・ウンギョンさんですが、今まで熱愛報道はありませんでした。

9歳から女優の世界に入っているので、もしかして恋愛をしている暇などなく突っ走ってきたのでしょうか。

 

とってもお綺麗でいて頭も良さそうなのにイヤミが全くなくてチャーミングな女性なので、おそらくアピールしている男性はたくさんいるのではないでしょうか?

素敵な男性との結ばれて欲しいですね!!

 

韓国女優シム・ウンギョンの日本語は?

日本の映画で主演で出演してしまうほどのシム・ウンギョンさんの日本語はどれくらいのレベルなんでしょうか?

『新聞記者』予告編

10秒ぐらいのところでシム・ウンギョンの声が聞こえてますが、これだけ聞くと日本人としか思えないほどナチュラルですね。

 

こちらは「新聞記者」の完成披露会の時のインタビューです。

松坂桃李、難役に「メンタル的に難しかった」シム・ウンギョンらキャスト集結 映画「新聞記者」完成披露上映会

十分日本語で会話が成り立っていますが、一応隣に通訳がいたり、時々ちょっとなまったりするのが外国人が日本語を話している感じでとても可愛いですね。

 

インタビューもとても長いですし、質問もきちんと理解して、きちんと回答されているのでこれでも十分すごいですが、映画の中では訛りが全く聞こえなかったのはすごく練習をされたのがわかりますね。

主演ということでセリフも多かったと思うので、本当に大変だったと思います。

 

韓国女優シム・ウンギョン新聞記者出演はなぜ?

 

9歳で子役としてドラマデビューしたシム・ウンギョンさんですが2014年の主演映画「怪しい彼女」で観客動員数が860万人を超えるヒット作品となり第50回百想芸術大賞最優秀主演女優賞などを受賞されました。

 

NHKの韓国ドラマ「赤と黒」や「のだめカンタービレ」韓国版にも出演されています。

 

そして2017年4月には日本の芸能事務所ユマニテとマネジメント契約を締結し、2019年4月〜5月にかけて舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』にサーシャ役で日本の舞台初出演を果たしました。

そして今回の「新聞記者」で日本映画初主演・・・韓国でも人気絶頂なのにどうして日本で活動しようと思ってくれたのは嬉しいですね。

どうして日本に来てくれたのか気になりますね。

 

「新聞記者」の前に撮影され出演されている「ブルーアワーにぶっ飛ばす」の映画公開インタビューで日本に進出した理由を話されていました。

もちろん不安もありました。でも俳優というのは、もともと勉強することが大事な職業だと思っています。一番の勉強になるのは、人生の経験を積むこと。たくさんの経験をして、それをいろいろな作品に反映させることが大事です。自分の国で経験を積むことも大事。でもそれだけではなくて、いろいろなことを直接、肌で感じてみたいなと思っています。

(引用:クランクイン

 

9歳から女優の世界に飛び込んで自国韓国で評価されたけど、それでは満足できない、もっと色々勉強したい!ということでしょうか。

すごく強い方なんだろうなーと感じました。

日本でも評価されていますので、また次の国に挑戦するなんてこともあるかもしれませんね。

シム・ウンギョンさん今後の活動からも目が離せません。

まとめ

 

今回は「第43回日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞を獲得したシム・ウンギョンさんについて調べて見ました。

9歳から女優を始められて、人生経験のために日本での活動にも挑まれるシム・ウンギョンさんはとても努力家なことがわかりますね。

熱愛報道が今まで出ていないのも仕事にそれだけ打ち込んできた証拠かもしれませんね。

これからの活躍も楽しみです!

コメント