バスケスバイロンの国籍(出身)は?プレースタイルや移籍についても

青森山田高校といえばサッカーの強豪校で数多くのタイトルを獲得してきた高校ですね。

 

青森山田出身のプロサッカー選手といえば柴崎岳選手などが浮かびますね。

 

今回は青森山田高校出身で選手権大会優勝に貢献し、現在チリの1部リーグに所属するチームへと移籍することで話題となったバスケス・バイロン選手のプロフィールやプレースタイル、移籍についてまとめてきました。

バスケスバイロンの国籍(出身)は?プレースタイルや移籍についても

バスケス・バイロンのプロフィール(学歴・出身など)

バスケス・バイロン選手のプロフィールはこちら!

  • 名前:バスケス・バイロン
  • 生年月日:2000年5月16日
  • 身長:175cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:O型
  • 所属チーム:CDウニベルシダ・カトリカ
  • 出身地:チリ
  • ポジション:MF
  • 利き足 : 左

バスケス・バイロン選手はチリ出身でチリの国籍を持っています。

 

小学3年生の頃にご両親の仕事の都合で来日し、埼玉県に暮らします。

 

埼玉県に暮らしていた頃には東松山ペレーニアFC Jrユースでプレーをしていました。

 

東松山ペレーニアFC Jrユースでは現在J2の松本山雅FCで活躍する榎本樹選手とコンビを組んでいました。

 

中学校を卒業する頃に、埼玉県を離れ青森山田高校でプレーすることを決めます。

 

青森山田高校では3年生の頃には、主力選手と成り選手権制覇へ大きく貢献します。

 

選手権では大会優秀選手にも選出されています。

 

バスケス・バイロン選手は、2019年には日本高校選抜にも選ばれていました。

 

日本育ちではありますが、国籍がチリということでJリーグでは外国籍選手扱いと成り、出場機会に制約が掛かることが考慮されました。

 

そのため、高校卒業後は当時東北社会人サッカーリーグ1部でありながら、世界で戦っていく環境が整っているということでいわきFCに入団することを決めます。

 

 

いわきFCでは10試合に出場し5ゴールを奪う活躍でチームの優勝とJFL昇格に貢献します。

 

そして今年2月21日にウニベルシダ・カトリカのクラブ公式HPで期限付き移籍をすることが正式に発表されました。

 

バスケス・バイロンのプレースタイル

 

バスケス・バイロン選手の魅力は、選手権大会でもたびたび見せていたサイドからの足下のテクニック・緩急を活かした突破正確なクロスですね。

 

選手権大会の決勝でも右サイドから2人相手をものともせず見事な突破からのクロスで得点をアシストしていましたね。

 

圧倒的な攻撃センスで、時には自分でも得点をとることが可能な選手で選択肢の多い選手ですね。

 

しかし、攻撃だけでなく青森山田高校に進学したことで守備も鍛えられ、献身的な守備もできる選手です。

 

青森山田高校ではフィジカルも鍛えられました。

 

フィジカルを鍛えることについてバスケス・バイロン選手は

「今年1年間、全身の筋トレをしてきました。体の強さには自信があります。スピードがない分、体や手を使ったりして、少しゆっくりしたところから急にスピードを上げたり、緩急を使ったフェイントを使いながら、常にプレーしようと思っています」

と語っていました。

(参照 : https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201901030002-spnavi)

バスケス・バイロンの移籍について

バスケス・バイロン選手は、いわきFCからチリの強豪クラブ、ウニベルシダ・カトリカに期限付き移籍をすることが決定しましたね。

 

もともといわきFCに入団したバスケス・バイロン選手は

「僕の国籍はチリです。Jリーグには外国人枠があり、昨季は登録が5人までだったので、なかなか自分は獲ってもらえなかった。外国人選手を獲るなら、やっぱり経験のある助っ人。即戦力じゃないといけない。そこが自分にとっては不利でした。いわきFCの環境は日本でトップなので、そこで体を鍛えて、次はJ1か海外でプレーしたいです」

と語っており、チリの海外クラブでプレーをするということなのでまさに有言実行ですね。

(参照 : https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201901030002-spnavi?p=2)

 

また、青森山田高校での活躍を見て、バスケス・バイロン選手には日本に帰化し、日本代表としてプレーして欲しいという声も多くありました。

 

そのことについてバスケス・バイロン選手は

「子どもの頃からチリ代表の試合を見ることが好きでした。5月に20歳の誕生日を迎えますが、僕は日本国籍を選び、日本代表としてプレーすることもできます。僕が日本代表としてプレーしている姿を見たいという理由で、本当にたくさんの人々が僕に国籍を変更することを勧めてくれています。けれども、幼少期から僕はチリ代表に憧れていて、チリを代表してプレーし、国家を歌うという夢は今も変わっていません」

と語ってくれました。

(参照 : https://www.soccer-king.jp/news/world/southamerica/20200222/1038692.html)

まとめ

今回はチリの国籍を持ちながら日本の地で多くの活躍をしてきたバスケス・バイロン選手についてまとめてきました。

 

長い手足とフィジカルの強さ、緩急と足下のテクニックを活かしたなかなか1人で止めるのには苦労するような素晴らしい選手でしたね。

 

素晴らしい技術を持っているだけに是非日本国籍を取得して日本代表としてプレーして欲しいという気持ちはありましたが、本人の小さい頃からの夢でチリ代表を目指しているということでした。

 

少し残念ではありますがチリ代表を目指すバスケス・バイロン選手を応援していきましょう!

 

もしかすると、チリ代表として日本代表と戦うこともあるかもしれないのでその時を楽しみに待ちましょう!

コメント