2020年国内eスポーツ大会情報まとめ!日程•会場•賞金(ゲームタイトル)など

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

現在、eスポーツの世界競技人口は約13000万人に達しているといわれていてこの数字はなんと野球の競技人口の3500万人を大きく上回っています。

そんなeスポーツが近年日本でも注目を浴び始めましたね。

 

201912月に韓国・ソウルで開催された「leSF eスポーツワールドチャンピオンシップ」で日本代表チームが総合優勝したことも記憶に新しいですね。

 

これまでのeスポーツ大会の多くは海外開催の大会に出場するというのが常でしたが、ここ数年では日本開催の大会も増えてきています。

海外のeスポーツ大会では高額賞金が支払われることが多いのですが、いったい日本国内の大会ではどのくらいの賞金が支払われているのでしょうか?

 

この記事では2020年に開催される日本国内のeスポーツ大会の日程・会場・賞金・種目(ゲームタイトル)などの情報をまとめました!

2020年国内eスポーツ大会情報まとめ!日程・会場・賞金・種目(ゲームタイトル)など

2020年日本国内で開催されるeスポーツの大会毎紹介していきます!

第3回全国高校eスポーツ選手権

【全国高校eスポーツ選手権】

日程:未定
会場:未定
賞金:未定
ゲームタイトル(種目):ロケットリーグ、リーグ・オブ・レジェンド

公式サイトはこちら

 

毎日新聞社、株式会社サードウェーブ主催の全国高校eスポーツ選手権が今年も開催されることが正式に発表されました。

この大会は名前通り日本在住の高校生が参加資格を持つ大会となっています。

2020年1月20日現在、大会日程は現在調整中で会場も未定となっています。

 

優勝賞品としては第2回大会では優勝チームのメンバー全員に「ガレリアゲームマスター」ノートPC(マウス付き)、第1回大会では23日の韓国eスポーツ体験旅行」が送られました。

豪華賞品なので今年の優勝賞品にも期待がかかりますね!

 

この大会の種目は第2回大会までは「ロケットリーグ」「リーグ・オブ・レジェンド」の二種目で行われていました。

3回大会ではこの二種目の継続は決定していて、競技種目の追加ができるかどうかを検討中とのことです。

情報が明らかになり次第更新していきますね。

 

全国都道府県対抗eスポーツ選手権

【全国都道府県対抗eスポーツ選手権】

☆第一部☆
日程:2020年9月
会場:鹿児島市天文館
賞金:なし
ゲームタイトル(種目):実況パワフルプロ野球

☆第二部☆
日程:2020年10月
会場:SHIROYAMA HOTEL kagoshima
賞金:なし
ゲームタイトル(種目):ウイニングイレブン、ぷよぷよeスポーツ

公式サイトはこちら

(参考:JESU

 

毎年国民体育大会が行われているのは皆さんも知っているとは思いますが、昨年から文化プログラムとしてeスポーツが参戦しています!

現在は20209月に「実況パワフルプロ野球」を軸とした「天文館」での本大会、202010月に「ウイニングイレブン」、「ぷよぷよeスポーツ」を軸とする「SHIROYAMA HOTEL kagoshima」での二部制で開催されることが発表されています。

 

大会種目は「実況パワフルプロ野球」、「ウイニングイレブン」、「ぷよぷよeスポーツ」がすでに決定していて2月ごろに追加タイトルの発表されます!

 

PUBG JAPAN SERIES (PJS)2020 

【PUBG JAPAN SERIES (PJS)2020 】

☆Phase1☆
日程:Grade1→12/29(土)、3/7(土)、3/14(土)、Grade2→2/28(金)、3/6(金)、3/13(金)
会場:ー
賞金:不明 ※Grade1勝利者にはUBG Global Series Berlin出場権利(4月中)

☆Phase2
日程:2020年5月中旬~6月上旬
会場:ー
賞金:不明 ※UBG Global Series (開催地未定)出場権利(7月中)

知っている方も多いと思われるタイトルの「PUBG」でも大会が開催されています。

この大会はseries形式の大会となっておりPGS」と呼ばれる「PUBG GLOBAL SERIES」の出場権をかけて争われます。

 

今大会は年に2回のシーズン開催となっており、昨年まででシーズン4まで終わっているので今年はシーズン5とシーズン6の2シーズンとなっています。

 

今大会の日程はシーズン5Phase1としてGrade12/29()3/7()3/14()の三日、Grade22/28()3/6()3/13()開催でPhase25月中旬~6月上旬で予定されています。

シーズン6Phase1として7月下旬~8月中旬、Phase28月下旬~9月中旬で予定されています。

 

オンラインで実施される試合もあるのでぜひ見てみましょう!

 

今回大会の優勝賞金はまだ不明でPGS出場権が得られるということが例年通りで分かっている状態です。

 

昨年の賞金はまず総合優勝金として25万円、それに加えて各ラウンドの勝利チーム、各試合実施日の合計キル数が最も多い選手に対してそれぞれ10万円が賞金として支払われました!

 

レインボーシックスシージ ALIENWARE JAPAN CHAMPIONSHIP

【レインボーシックスシージ】

日程:予選1/11()1/18()2/1()2/2()、FINAL3/15()
会場:ベルサール高田馬場(FINAL)
賞金:300万円+決勝大会のチケット売り上げの15%

公式サイトはこちら

 

20201月から3月にかけて行われるレインボーシックスシージの国内大会になっています。

 

大会日程は1/11()1/18()2/1()2/2()4日間の予選と3/15()の決勝戦の計五日間で行われます。

決勝戦はレインボーシックスジャパンリーグチャンピオンシップFINALとして「レインボーシックスフェスティバル」内で開催されます。

レインボーシックスフェスティバル公式サイトはこちら

 

本大会は全日程配信予定となっていてYoutuetwitchPeriscopeで視聴することができます!

Youtubeでの視聴はこちら

twitch での視聴はこちら

Periscopeでの視聴はこちら

 

優勝賞金は300万円+決勝大会のチケット売り上げの15%となっています。

 

EVOLUTION CHAMPIONSHIP SERIES(EVO) 2020

【EVOLUTION CHAMPIONSHIP SERIES(EVO) 2020】

日程:1/24()~1/26()
会場:幕張メッセ
賞金:種目によって異なる 
ゲームタイトル(種目):BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」、「SAMURAI SPIRITS」、「SOULCALIBUR 」、「STREET FIGHTER Ⅴ アーケードエディション」、「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」、「TEKKEN7

 

EVOと呼ばれるこの大会は長い歴史を持つ世界最大規模の格闘ゲームの大会です。

もともとアメリカ・ラスベガスで開催されているものですが、日本でもその理念を受け継いだもう一つの世界大会としてEVO Japanが昨年から開催され今年も開催されることが決定しました!

 

大会日程は20201/24()~1/26()となっています。

会場は幕張メッセで行われます。

 

1/241/25はオープントーナメントとなっているために入場が自由となっていますが、1/26は決勝トーナメント開催のため、入場にはチケットが必要となります。

料金は特別席は8000円、一般席は3500円となっています。

 

種目は「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」、「SAMURAI SPIRITS」、「SOULCALIBUR 」、「STREET FIGHTER Ⅴ アーケードエディション」、「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」、「TEKKEN7」の6タイトルとなっています。

 

賞金は各ゲームタイトルで次のようになります。

BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」は150万円、220万円、310万円、46万円、5位タイ4万円、7位タイ3万円。

SAMURAI SPIRITS」は150万円、220万円、310万円、46万円、5位タイ4万円、7位タイ3万円。

SOULCALIBUR Ⅵ」は150万円、220万円、310万円、46万円、5位タイ4万円、7位タイ3万円。

STREET FIGHTER Ⅴ アーケードエディション」は1100万円、240万円、320万円、412万円、5位タイ8万円、7位タイ6万円。

TEKKEN7」は1100万円、240万円、320万円、412万円、5位タイ8万円、7位タイ6万円。

「大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル」の上位入賞得点は後日案内となっています。

まとめ

今回は2020年に日本国内で開催されるeスポーツ大会の情報をいくつか紹介しました。

 

個人的には自分もプレーすることもあるためレインボーシックスシージの大会に注目しています!

 

日本国内でも優勝賞金は世界の大会と比較して少ないものの「EVO」のような世界規模の大会が行われるなど、eスポーツに対する積極的な姿勢がみられるので、今後の日本国内の競技人口や大会が増えることに期待していきたいですね!

コメント