丸山穂高議員の任期はいつまで?実家(家族)など生い立ちや学歴(高校•大学)•経歴や独身かどうかについても

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

北方領土に続いてまたしても竹島問題で問題発言をしてしまい炎上中の丸山議員!

丸山議員、批判の声にバンバン返信してさらなる炎上・・・

 

丸山議員も「戦争」という言葉を使っていますが、本当に戦争推奨しているわけではないのはわかりますが(そうだと思いたい)、丸山議員の発言一部が切り取られて、早速韓国でも報道されていたり。

北方領土の時も丸山議員一人の意見ですがロシア側に「日露関係の流れの中で最もひどい(発言だ)」とまで言わせてしまっていました。

丸山議員の軽率な発言で外交がへんな方に進まないといいけど・・・というのだけが心配です。

 

北方領土問題発言の後には議員の任期を全うするとも述べているのでまだ議員は続けていくおつもりのようですが、私たちはあとどれくらいヒヤヒヤしなければならないのでしょうか?

ということで今回は丸山議員の任期はどのくらいなのか調べてみました。

またまだお若い丸山議員がどんな学歴や経歴をお持ちなのか、イケメンという声もありましたので結婚しているかどうかについても調べてみました。

丸山穂高議員の任期はいつまで?経歴や実家(両親)や結婚しているかについても

今回問題になった発言はこちらですね。

5月の北方領土の戦争発言ではお酒を飲んでいた時の発言ですが、今回は正気での発言ですね。

もともと毒っ気の強くよくある政治家とは違うタイプでしたが、糾弾決議後は丸山議員Twitterの投稿をみてても完全に吹っ切れた、という感じでかなり自をだしているのがわかります。

 

吹っ切れてしまったら、さらにどんな問題発言をしていくのか・・・一般人の発言ならまだしもなら、国家議員ですからね。

日本人なら「あー、また言ってる」とか「ゆうても戦争なんてしないでしょ」で済む問題も、海外メディアでどんな報道がされるのか、日本の意見として取り扱われていたらとするとすっごく怖いことですね。

 

丸山穂高議員の任期はいつまで?

 

衆議院議員の任期は4年、丸山議員は2017年の衆議院選挙で当選していますので、丸山穂高議員の任期は2021年10月21日までです。

現在は3期目ですね。

本人が辞職や衆議院が解散されない限りは任期まで議員をされることになります。

 

確かに1年や2年で政治を変えるのは不可能ということで4年なのでしょうが、あと2年程度、何をやらかしてくれるかヒヤヒヤしてしまいます。

 

2019年5月に北方四島交流事業における国後島訪問時に酒に酔った状態で訪問団団長に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」という質問をしたことに対して、所属していた日本維新会から除名処分、そしてその後衆議院で「自ら進退について判断するよう」糾弾決議を受けています。

(現在は7月にはNHKから国民を守る党の立花代表にラブコールをおくられ、N国に入党)

 

ただ糾弾決議に対しても丸山議員がTwitterで発言しているのは

その任期を全うし前に進んで参ります。」ということ。

あれだけ国民や議員内でも非難されまくった丸山議員ですが辞任の意思はないとのこと。

強いですね!

 

それだけ、やり遂げたい何かがあるのでしょうか?本気で変えたいと思うことがあるのでしょうか?

丸山議員の政策等、全然知らなかったのですが、色々気になってきました。

ちなみに丸山議員の政策はこちらで見れますよ。

 

昔の国会の発言を見ていると、いたって普通の国会議員でしたが、一連の吹っ切れで最近は国会議員の内情もぶちまけまくってる丸山議員。

N国に通じるところがありますが、立花議員と違うのは、吹っ切れ過ぎているというところ。

「〜血税をありがとうございますやで。このままでいいのかねー?」って、ダメだよ!

立花議員はちょっと普通ではない気がするものの「国民のために」を一貫していますが、今の丸山議員からは問題提起はしているものの「国民のために」ところが感じられませんね。

 

領土問題のような国民に危険を及ぼすようなヒヤヒヤすることだけはやらないでいただきたいけど、ここまで国会議員として残りたいのには何か強い意思があるはず。

ということで残りの2年間何をやってくれるのかにも期待したいと思います。

丸山穂高議員の経歴や実家(両親)や結婚しているかについて

丸山穂高議員のプロフィール調べてみたらエリート中のエリートでした!

  • 名前:丸山穂高(まるやまほだか)
  • 生年月日:1984年1月10日
  • 出身地:大阪市堺市
  • 出身高校:西大和学園高等学校
  • 出身大学:東京大学経済学部
  • 資格:剣道2段
  • 趣味:登山、温泉、座禅
  • 好物:たこ焼き、カレーライス
  • 身長:176㎝
  • 体重:65㎏
  • 血液型:A型
  • その他:左利き 片耳難聴(後天性の病気にて左耳が不自由に)

 

東大は言わずもがなエリート大学ですが、高校も西大和学院も偏差値72〜75と関西トップレベルの学校です。

昔からエリートだったんですね。

Wikipedia情報によると「阪神大震災のボランティアに参加したことがきっかけで政治家を志し、小学校の卒業文集に「政治家になりたい」と書いていた」そうです。

 

小学生の時から強い意志で政治家になったなんて、本当に意志が強いんですね!

でも震災ボランティアで心に響いたものはどんなことだったのでしょうか?

そんなに強い意志でなった政治家、今その願いと行動は一致しているのか・・・初心をぜひ思い出してもらいたいです。

 

さて、こんなエリートを産んだご両親はどんな方達なのでしょうか?

こんなに若くして政治家なるなんて、もしかしてお父様が政治家?と思いましたが違いました。

丸山議員のお母様の情報は出てきませんでしたが、お父様の情報は結構出ていました。

 

お父様は丸山洋續(ひろつぐ)さんで以前は高校の国語の教師を、退職後は大阪府スケート連盟の普及部長をやられてとのことです。

丸山議員のホームページにこんな紹介がありました。

丸山ほだかの「ほだか」は、穂高岳(長野県北アルプスにある標高3,190mの日本第三位の高峰)から名前をいただきました。山は、その高さと美しさで人を魅了すると同時に、自然の厳しさを私たちに教えてくれます。 現在では、登山は、父と私の共通の趣味となっています。また、稲穂が高くなるということからは、豊作を祈るとともに、「瑞穂の国」日本の繁栄への願いが込められています。

高貴な名前ですね。

このストーリーを読んだだけで、すごくきちんとされたご両親なんだろうなーと思ってしまいました。

また現在、お父さんと共通の趣味が登山ということで、山に一緒に出かけることもありそうで、仲が良さそうですね。

 

経歴は

  • 2006年〜2009年:経産省
  • 2009年〜2012年:松下政経塾
  • 2012年:第46回衆議院委員総選挙で当選

経産省では大神官房総務課での勤務や原子力安全・保安院(当時)保安課企画法規係長をされていたとのこと。

省庁で係長ってかなりエリートですよね。

2012年に初当選した時も当時28歳で最年少議員として話題になりました。

 

炎上前はイケメンと女性にも人気のあった丸山議員ですが、結婚はしているのでしょうか?

調べてみたところ独身のようです。

 

以前、後輩東大生ホステスに手を出していたり、「女を買いたい」発言で報道されたこともあるので女好きは確実です。

 

N国の立花議員もよく「彼女が〜」と話しているので、丸山議員も彼女ができたら堂々と公にしそうですね。

それはそれでまた楽しみですね。

まとめ

今回はまた領土問題発言で炎上している丸山穂高議員について調べてみました。

丸山議員の任期は2021年10月21日まで、すでに国会から進退を判断するように糾弾決議されていますが、ご本人は任期は全うされるおつもりのようです。

 

ご両親もきちんとされている方のようですし、本来はきちんとされている方だと思うのですが・・・

任期は全うされるということなので、税金でお給料をもらう以上はもうこれ以上外交に響くような問題発言はしないではいただきたいですが、あと2年どんなことをしてくれるのか期待してみていきましょう。

コメント