荻原拓也の兄弟や年俸などプロフィール!ポジションやプレースタイルも!

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

浦和レッズは昨シーズンはリーグ14位と苦しむも今シーズンの開幕試合は湘南ベルマーレを相手に3対2でなんとか勝つことができましたね。

 

そんな浦和レッズには東京オリンピック世代の選手として橋岡大樹選手がいますね。

 

その橋岡大樹選手とジュニアユースから同期で同時期にトップチームに昇格した選手が浦和レッズには1人います。

 

その選手が今回紹介していく荻原拓也選手です。

 

この記事では荻原拓也選手の学歴や家族、年俸やプレースタイルについてまとめてきました。

荻原拓也の兄弟や年俸などプロフィール!ポジションやプレースタイルも!

荻原拓也のプロフィール(学歴・家族・年俸など)

萩原拓也のプロフィールはこちら!

  • 名前:荻原卓也(おぎわら たくや)
  • 生年月日:1999年11月23日
  • 身長:175cm
  • 体重:69kg
  • 血液型:不明
  • 所属チーム:浦和レッズ
  • 出身地:埼玉県川越市
  • ポジション:MF、DF
  • 利き足 : 左

荻原卓也選手は東京オリンピック世代の選手です。

 

血液型は調べてみたのですが東京世代選手名鑑によると不明とのことでした。

 

埼玉県川越市出身ということもあり、小学校は川越市大東東小学校に、中学校は川越市立野田中学校に通います。

 

中学を卒業すると埼玉県立いずみ高校に通います。

 

実は同じ浦和レッズでプレーをする宇賀神友弥選手もこの埼玉県立いずみ高校に通っていました。

 

高校卒業後は浦和レッズのトップ昇格が決まっていたため大学には行っていません。

 

荻原卓也選手がサッカーを始めたきっかけはお兄さんがサッカーをしていたからだそうです。

 

サッカー経歴は、小学校の頃は1FC川越水上公園でプレー、中学校に上がるときに和レッズジュニアユースに入団します。

 

高校に入ると浦和レッズユースに昇格を果たします。

 

2017年に浦和レッズの2種登録選手となり、2018年に正式にトップチームへと昇格します。

 

トップ昇格を果たした選手なので順調なユース生活を送ってきたように感じますが、実は荻原選手は高校2年生の冬までユースの公式戦に先発として出場することは全くありませんでした。

 

そこからトップチームに昇格するまでということですからこの1年での成長にはすごい努力があったことがうかがえますね。

 

いままで荻原選手が獲得したタイトルは、浦和レッズジュニアユース時代には高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会関東ユース(U-15)サッカーリーグをそれぞれ1回ずつです。

 

浦和レッズユース時代は高円宮杯U-18サッカーリーグプリンスリーグ関東JユースカップJリーグインターナショナルユースカップイギョラカップを1回ずつ獲得しています。

 

代表歴は次のようになります。

2017年 U-18日本代表
2018年 U-19日本代表
2019年 U-20日本代表

年代別代表に選ばれたことはありますがそんなに多くは選ばれていませんでした。

 

荻原選手の家族構成は父、母、兄、兄の5人家族でした。

 

荻原選手は1度選手名鑑で既婚と紹介されたことがあるすでに結婚しているのかと噂されたことがありました。

 

ですがこれは選手名鑑のミスで荻原選手は未婚なので自身のツイッターで訂正をしていました。

 

荻原選手の年俸は2018年は460万円でしたが2019年、2020年は1500万円となっています。

 

まだ若手で今後の成長が期待できる選手なのでこれからどんどん年俸が上がっていくかもしれませんね。

荻原拓也のポジションやプレースタイル!

荻原拓也選手は左利きで左のサイドバックサイドハーフとしてプレーをします。

 

荻原選手の持ち味は左足のキックの精度スピードを生かした突破力です。

 

サイドの選手のイメージとしてはクロスを上げることが多いような感じがしますが荻原選手は得点感覚も優れていて、プロデビュー戦ではなんと2得点の活躍をしています。

 

実は日本代表には左利きの守備的なポジションをこなせる選手が少ない現状にあります。

 

荻原選手は左サイドバックとしてプレーすることも可能なのでもしかすると将来的には日本代表で重宝されるかもしれませんね。

 

同年代の左利き選手にも堂安律選手久保建英選手といった素晴らしい選手がそろっていますがどちらも攻撃的な選手ですね。

まとめ

今回は東京オリンピック世代の選手で橋岡大樹選手と同期で浦和レッズでプレーをしている荻原拓也選手についてまとめてきました。

 

荻原選手は左足の正確なキックとスピードを持ち味とした日本で貴重な左利きの選手でしたね。

 

また、選手名鑑では既婚と紹介されるなどのエピソードも持っている選手でした。

 

U-23日本代表には選ばれていなく、東京オリンピック代表に選ばれるかどうかはわかりませんが、今後の活躍次第では選ばれることもあると思うので荻原選手の今後の活躍に期待しましょう。

コメント