箱根駅伝2020年区間記録や順位結果速報!優勝候補•注目選手も予想!

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

お正月に家族で見る番組といえば箱根駅伝ですよね!!

現在まだ出場校がどんどん発表されて、お正月が近づいてきた感じがありますね。

 

こちらでは【第96回東京箱根間往復大学駅伝競争(2020年)】の区間記録や順位の結果速報を出来るだけリアルタイムでお知らせしていきます!

優勝候補や注目選手も予想しますので、予想が合うのかあわせて楽しんでくださいね!

第96回東京箱根間往復大学駅伝競争(2020年)区間記録や順位結果速報!優勝候補•注目選手も予想!

箱根駅伝は2020年1月2日(木)、3日(金)に開催されます。

箱根駅伝2020年区間記録や順位結果速報!

2020年1月2日(木)、3日(金)に行われる箱根駅伝の速報をお伝えしていきます。

チーム結果

こちらではチームの順位結果速報をおしらせしていきます!

往路結果はこちら↓

順位 大学名 タイム
青山学院 5:21:17※往路新
國學院大 5:22:50※往路新(01:33)
東京国際大 5:24:33※往路新(03:17)
東海大 5:24:38※往路新(03:22)
明治大 5:27:11(05:55)
帝京大 5:27:15(05:59)
創価大 5:27:35(06:19)
駒澤大 5:27:42(06:26)

 

区間結果

こちらでは区間ごとのタイムを記録していきます。

1区(21.3km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
1:01:13 米満 怜 創価大 1:01:13
1:01:18 藤木宏太 國學院大 1:01:18
1:01:21 池田耀平 日本体育大 1:01:21
1:01:23 鬼塚翔太 東海大 1:01:23
1:01:26 栗原啓吾 中央学院 1:01:26
1:01:30 中谷雄飛 早稲田大 1:01:30
1:01:31 田圭太 青山学院 1:01:31
1:01:32 小野寺 悠 帝京大 1:01:32

 

2区(23.1km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
1:05:57※区間新 相澤 晃 東洋大 2:09:12 7
1:06:18 伊藤達彦 東京国際大 2:09:20 8
1:06:18 R.レメティキ 拓殖大 2:09:58 11
1:06:46 R.ヴィンセント 国士舘大 2:12:11 16
1:07:03 岸本大紀 青山学院 2:08:34 1
1:07:05 太田智 早稲田大 2:08:35 2
1:07:13 塩澤稀夕 東海大 2:08:37 3

 

3区(21.4km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
59:25※区間新 Y.ヴィンセント 東京国際大 3:08:45
1:01:23※区間新 遠藤大地 帝京大 3:10:24
1:01:24※区間新 田澤 廉 駒澤大 3:11:50 6
1:01:32 鈴木塁人 青山学院 3:10:06
1:01:34 青木祐人 國學院大 3:10:11
1:02:20 西川雄一朗 東海大 3:10:57
1:02:21 手嶋杏丞 明治大 3:12:23

 

4区(20.9km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
1:00:30※区間新 吉田祐也 青山学院 4:10:36
1:01:37 名取燎太 東海大 4:12:34
1:01:53 中西大翔 國學院大 4:12:04
1:01:55 福田悠一 創価大 4:14:22
1:02:01 小島海斗 駒澤大 4:13:51
1:02:11 岩佐壱誠 帝京大 4:12:35
1:02:25 千明龍之佑 早稲田大 4:14:52

 

5区(20.8km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
1:10:25※区間新 宮下隼人 東洋大 5:29:15 11
1:10:40※区間新 飯田貴之 青山学院 5:21:16
1:10:45※区間新 浦野雄平 國學院大 5:22:49
1:11:06 青木涼真 法政大 5:33:00 16
1:11:49 鈴木聖人 明治大 5:27:11
1:12:02 井手孝一 神奈川大 5:34:11 17
1:12:04 西田壮志 東海大 5:24:38

 

6区(20.8km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
57:17※区間新 館澤亨次 東海大
57:34※区間新 今西駿介 東洋大
58:18 谷野航平 青山学院
58:21 宮崎佑喜 日本大
58:25 武川流以名 中央学院
58:46 中村大成 駒澤大
58:48 前田舜平 明治大
59:01 島﨑慎愛 國學院大

 

7区(21.3km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
8区(21.4km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
9区(23.1km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位
10区(23.0km)
区間順位 区間タイム 選手名 大学名 通過タイム 通過順位

 

箱根駅伝2020年優勝候補予想!注目選手は?

では箱根駅伝2020年の優勝候補の予想と注目選手を紹介します!

アンケートを取ったので世間の皆さんがどう思っているのか、あなたの一押し選手&学校と同じかみてみてくださいね!

 

箱根駅伝2020年優勝候補大学は?

まずは優勝候補ですが、上から順に優勝候補としてあげた人が数が多い学校でした。

優勝候補ランキング1位:東海大学

2019年同大会と全日本大学駅伝の優勝校である東海大学の名前を挙げた方が一番多かったです!

そして、2019年同大会の優勝時に貢献した選手が8名も残っています。

1区を6位で走った鬼塚選手、3区7位の西川選手、4区2位の館澤選手、6区2位の中島選手、7区2位の阪口選手、8区1位(区間新)の小松選手、10区3位の郡司選手といったメンバーが今年は最終学年として出場するので最後にかける思いも大きいと思います。

 

全員のレベルが全体的に高くて、チーム全体のバランスも非常に良いですね!

11月の全日本大学駅伝で優勝し、チームとしての層の厚さを見せつけてくれましたが果たして2連覇なるのでしょうか!?

 

2019年に優勝をした選手が8名も残っているとともに、エース・山区区間・選手層と他の大学より頭一つ抜けていると思うから

 

優勝候補ランキング2位:青山学院大

2019年大会では5連覇を逃し、悔しい思いをしています!

その悔しさをバネに、今年は優勝を取り返すのでは?と予想している人がたくさんいました。

 

11月の全日本大学駅伝でも東海大学に逆転Vを許してしまったので、悔しい思いはさらに強くなっていると思います。

安定感のあるチームで実力は確かですし、吉田選手を始め個々に力のある選手も多いので期待が高まりますね!

 

優勝候補ランキング3位:國學院大学

今年10月に開催された出雲駅伝では東海大や青山学院大を破り優勝している大学ですね!

2019年同大会では箱根駅伝の一番のみどころでもある山上り5区で新記録を出した浦野選手も4年生で参加しますので楽しみですね!

 

優勝候補ランキング4位:東洋大学

出雲駅伝、全日本大学駅伝など全ての大会で上位に滑り込んでいる東洋大も注目されています!

2019年同大会では4区の区間新記録を出し、10月出雲駅伝・11月全日本大学駅伝で区間賞を獲得している相澤晃選手も出場します。

まさにノリ乗ってる選手なので、どこまでチームを優勝に引っ張っていってくれるか楽しみです。

 

箱根駅伝2020年注目選手はだれ?

全員注目したいのですが、ここでは数名の注目すべき選手を紹介していきます!

浦野雄平(うらのゆうへい)選手/國學院大學 4年生

2019年大会ではの山上り5区で区間新記録をマークして、往路での大学史上最高順位である3位に大きく貢献した国学院大学の浦野選手!

その後もエースとしてチームを引っ張り、2019年出雲駅伝初優勝でも大きく貢献していましたね。

2019年全日本大学駅伝ではやや振るわなかったので、箱根で4年間の集大成を見せてもらいたいですね!

卒業後は富士通に入社予定が決まっているので、卒業後の活動も期待ですね!

 

相澤晃(あいざわあきら)選手/東洋大学 4年生

もう誰も寄せ付けない走りですね!!

みていて気持ちがいい走りをしてくれる東洋大学の相澤晃選手!

2019年同大会で4区で区間新記録を出し、出雲駅伝・全日本大学駅伝で区間賞を獲得し、負けなしの相澤晃選手が最後の箱根でどのように結果を残してくれるか注目したいですね。

卒業後は旭化成に入社が決定していますので、浦野選手同様に卒業後も目が離せません。

 

吉田圭太 (よしだけいた)選手/ 青山学院大学 3年生

爽やかな笑顔で女性ファンも多い青山学院のエース吉田選手!

11月の全日本大学駅伝では周囲の期待に反して、区間2位、チーム2位と残念な結果でした。

悔しい思いをしていると思いますので、箱根ではぜひリベンジを期待したいですね!

 

田澤廉(たざわれん)選手/駒澤大学1年生

全日本大学駅伝で一年生ながら二番目に距離の長い七区を走り他の大学の主力級が走っているにもかかわらず四人抜きをする走りをしたのが記憶に新しい駒沢大学の田澤選手。

ルーキーとして注目されるのはプレッシャーもあるかと思いますが、全日本大学駅伝ではきっちりと区間賞を獲得しましたね!

1年生とは思えない安定の走りで、大舞台のプレッシャーもプラスに変えてしまいそうな強さがありますね。

 

伊藤達彦 選手/東京国際大学4年生

箱根駅伝予選会では衝撃の走りを見せてくれましたね!

14位でタスキを渡され、なんと13人抜きして1位でタスキを次の選手に渡したのにはびっくりした人が多くいるのではないでしょうか!

タイムも日本人トップタイムでした!

予選ではなんとごぼう抜き中にCMが入ってしまいましたが、本戦ではテレビ局もそんな失敗はしないと思いますよ!

 

名取燎太選手 /東海大学3年生

今まで駅伝の出場記録が故障で無いので注目されていませんでしたが、今期のマラソンの大会では結果を残している選手です。

高校時代には全国高校駅伝で区間賞を取る実力をもっている選手なので、今まで故障で出れず悔しい思いをしていたと思うので、箱根駅伝では実力を見せて欲しいですね!

 

阿部弘輝 選手/明治大学4年生

駅伝よりも1000mなどの方で注目されている明治大学の阿部選手ですが、駅伝でも安定した走りを見せてくれる期待選手です。

予選会では1組トップのタイムをだし、調子が良く、最後の箱根で快走が期待でてしまいます。

まとめ

箱根駅伝の予選も終わり、お正月の本番が近づきワクワクが止まりませんね!!

優勝候補や注目選手はあなたの予想と同じでしたか?

 

もし、この人は!?という人がいたらぜひご意見ください!

私もまだまだ発掘していこうと思うので、また「キラリ」とひかる選手を見つけたら更新していきますね!

箱根駅伝本番にはなるべくリアルで更新していきますので、お正月もチェックしに来てくださいね!

コメント