橋岡大樹海外移籍の可能性や経歴は?プレースタイルやプロフィール(家族・学歴)まとめ

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

最近は若手選手が海外に挑戦するなどサッカー界では話題がつきませんね。

しかし、若手選手で将来有望な選手は国内にもたくさんいます。

そこで今回はアスリート一家に生まれたことで有名な若手選手で、東京オリンピック世代の選手である橋岡大樹選手について紹介していこうと思います。

橋岡大樹海外移籍の可能性や経歴は?プレースタイルやプロフィール(家族・学歴)まとめ

橋岡大樹プロフィール(学歴・経歴・家族など)

橋岡選手のプロフィールはこちら!

  • 名前:橋岡大樹(はしおか だいき)
  • 生年月日:1999年5月17日
  • 身長:182cm
  • 体重:73kg
  • 血液型:B型
  • 所属チーム:浦和レッズ
  • 出身地:埼玉県浦和市
  • ポジション:DF

 

 

橋岡大樹選手は、U-15の時から年代別代表に選ばれ続け、E-1選手権でA代表デビューを果たした選手です。

 

E-1選手権では第一戦の中国戦で後頭部にカンフーキックを食らうなど、心配なプレーもありましたが、大けがに至らなくて安心しましたね。

 

橋岡選手は現在は、地元Jリーグチームの浦和レッズで2019年の年俸は2000万円でプレーをしています。

 

橋岡選手はさいたま市立大久保東小学校に通いながら、浦和大久保サッカー少年団に入団したところから、サッカーを始めました。

 

小学校卒業後は、さいたま市立大久保中学校に通いながら、浦和レッズジュニアユースに入団し、プレーをしていました。

 

中学二年生の頃にはレギュラーとして「全日本ユース選手権U-15」で優勝しています。

 

高校時はそのまま浦和レッズユースに昇格し、埼玉県立志木高等学校に通っていました。

 

その後、高校三年時に2種登録選手に登録され、2018年に正式にトップチーム昇格を果たしました。

 

代表経歴

2014年 U-15日本代表、U-16日本代表候補
2015年 U-16日本代表、U-17日本代表
2016年 U-19日本代表
2017年 U-18日本代表、U-19日本代表、U-20日本代表候補
2018年 U-19日本代表、U-21日本代表
2019年 U-22日本代表
2020年 U-23日本代表

 

まとめた通り、橋岡選手は飛び級で年代別の代表に選ばれていることが多いですね!

 

橋岡選手の家族は、アスリート一家であることで有名です。

 

家族構成は父、母、兄の4人家族です。

 

父・和正さんは、高校時代に野球をやっており、プロ注目選手に名前が上がるほどだったようです。

 

母・深雪さんは、陸上200mで全中チャンピオンに輝いたそうです。

 

兄・和樹さんは、大樹選手と同様にプロサッカー選手で、現在はアルビレックス新潟シンガポールでDFとしてプレーしています。

 

また、2017年の陸上日本選手権の男子走り幅跳びで日本一となった橋岡優輝選手はいとこの関係です。

 

橋岡優輝選手のご両親も陸上で記録を残しているすごい選手だったようです。

 

橋岡大樹プレースタイルは?

 

橋岡選手はDF、MFでプレーすることができ、多くはセンターバックやサイドバックとして出場します。

 

182cmと恵まれた体格で、対人戦に非常に強く、アグレッシブな守備が持ち味の選手です。

 

また、周囲の状況を判断して、絶妙な位置にポジション取りをするので、的確なカバーリングができるのも魅力ですね。

 

さらに、スタミナも豊富で多くの上下運動をすることができるため、サイドバックで起用されることが多いです。

 

時には、思い切った攻撃参加をし、チームの攻撃に厚みを持たせることができます。

 

しかし、クロスの精度など、攻撃面に関する課題があるので、そこを今後、どのように改善していくのかを注目していきたいですね。

 

橋岡大樹海外移籍の可能性は?

 

若手選手の中には、既に海外のクラブチームで活躍する選手がいますが、現在、橋岡選手の海外移籍に関するうわさなどはありません。

 

橋岡選手自身は「世界で活躍できる選手になりたい」と語っています。

 

しかし、その裏では、「僕も、『このクラブでやりたい』という思いはあるし、やれる自信もある。でも、今はそれを口に出すタイミングではない。目標のためにひとつずつ課題を積み重ねている段階。正直、世界もSBへの挑戦もそんなに簡単ではないと痛感しています」とも述べています。

 

これから、地元クラブの浦和レッズや代表の場で、多くの経験をし、様々な活躍をしていく中で海外クラブへの挑戦をしている姿も見てみたいですね。

 

まとめ

今回は東京オリンピック世代の選手である橋岡大樹選手についてまとめてきました。

 

橋岡選手は、父、母、叔父、叔母、兄、いとこが野球、陸上、サッカーで活躍するアスリート一家に生まれた、なるべくしてプロになったようなサッカー選手でしたね。

 

また、年代別代表では飛び級することが多いことから、「ミスター飛び級」などと呼ばれることもあったようです。

 

東京オリンピックにも出場することが予想され、活躍次第では海外のクラブチームから声がかかることがあるかもしれないので、橋岡選手のプレーを楽しみにしましょう!

コメント