相馬勇紀の家族(父・母)・彼女や性格は?プロフィール(学歴・経歴)やプレースタイルも

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

1月6日に鹿島アントラーズに期限付き移籍をしていた、相馬勇紀選手が契約期間満了にともない、2020シーズンより、名古屋グランパスへ復帰することが決定しましたね。

 

相馬選手は、名古屋グランパス時代には出場すれば負けなしの不敗神話を15試合目まで続けたことが思い出されますね!

 

そんな、相馬選手はその顔立ちから、かわいいやイケメンといった声も上がっていますね。

 

今回は相馬選手のプロフィールとして、学歴、経歴、性格や彼女がいるのかどうかについてまとめてきました。

相馬勇紀の家族(父・母)・彼女や性格は?プロフィール(学歴・経歴)やプレースタイルも

相馬勇紀プロフィール(学歴・経歴・年俸・家族など)

相馬選手のプロフィールはこちら!

  • 名前:相馬勇紀(そうま ゆうき)
  • 生年月日:1997年2月25日
  • 身長:165cm
  • 体重:68kg
  • 血液型:B型
  • 所属チーム:名古屋グランパス
  • 出身地:東京都調布市
  • ポジション:FW

 

相馬選手は、東京オリンピック世代の選手として注目されている選手で、U-23アジア選手権でもゴールを決めていましたね。

 

相馬選手は、2019年シーズンは、年俸480万円で名古屋グランパスでプレーをしていました。

 

小学1年生の時に三菱養和調布市SCへ加入したことから、サッカーをはじめたそうです。

 

中学校は調布市立第三中学校に通い、高校は東京都立調布南高等学校に通っていました。

 

サッカー歴は、三菱養和調布市SCから三菱養和SC調布Jrユースに通い、高校時代は三菱養和SC調布ユースに通い、大学は早稲田大学スポーツ科学部に通い、早稲田大学のサッカー部でプレーをしていました。

 

相馬勇紀選手は、名字が同じであるということから、相馬選手の父親は元・プロサッカー選手である相馬直樹選手であるといううわさが流れていました。

 

しかし、実際のところ相馬選手の父親はテニスプレイヤーで、しかも、松岡修造さんの練習パートナーであるほどの実力者だったそうです。

 

また、母親もテニスプレイヤーで、こちらもインターハイと国体で優勝するほどのプレイヤーだったことも公表されています。

 

ご両親がテニスプレイヤーということもあり、相馬選手自身も小学一年生の頃まではテニスラケットを振っていたとのことです。

 

相馬勇紀の性格は?

 

相馬選手は自身の性格について

「サッカーは負けず嫌い、普段は穏やか」

と述べています。

 

しかし、サッカーに対して負けず嫌いであることから、早稲田大学入学当初は、味方のプレーに文句を言ったり、審判のジャッジに対して納得のいかないところがあると、必要以上に抗議をしてしまい、イエローカードを貰ってしまうような選手でした。

 

そんな相馬選手のメンタルを変えたのは、現在、名古屋グランパスU-18監督の早稲田大学ア式蹴球部の前監督である古賀聡さんです。

 

古賀聡さんについて相馬選手は

「その場の感情だけに流されないこと。相手の言うことを聞き入れてから、自分の思っていることを伝えることを学ばせてもらった」

と述べています。

 

また、大学3年時の冬に、全日本大学選抜に選ばれたことも、相馬選手を大きく変えるポイントになったそうです。

 

選ばれたことに関して

「足下の上手い選手だけじゃなくて、自分みたいな選手を選んでくれたことが嬉しかった。今まで、苦手な部分を補うことよりも、特徴を伸ばすことに時間を割いてきた。やってきたことは間違っていなかった」

「周りの選手が自分の良さを活かしてくれるから、そこでミスをしたら全て自分に責任がある。味方がどうこうではなく、自分と向き合う大切さに、やっと気づくことができた」

と自身の成長を実感しているコメントを述べています。

 

相馬勇紀に彼女はいる?

 

相馬選手は時折、イケメン、顔や表情がかわいいといわれることがありますが、現在は彼女がいるという情報はありませんでした。

 

東京オリンピックが近いため、サッカーに熱中していて、彼女を作っている時間がないのかもしれませんね。

 

相馬勇紀のプレースタイル

 

試合中のプレーで特に印象的なのは、U-23アジア選手権でも数多く見られた、スピードを生かしたドリブルで縦に突破する姿ですね。

 

縦への突破力だけでなく、相馬選手は両サイドをそつなくこなすことができる、クレバーさと器用さも持ち合わせた選手です。

 

また、165cmと小柄ながら、筋肉量がすごく、なんと体重は68kgと身長からは想像できない数字になっています。

 

このため、小柄ながら対人戦にも定評があります。

 

まとめ

今回は、相馬勇紀選手についてまとめてきました。

 

ビジュアル面にはかわいいなどと声が上がるほどで、プレーでは突破力十分、対人良しといろんな意味で魅力的な選手ですね!

 

現在のU-23日本代表のサイドのポジションには、久保建英選手など実力のある選手が多く、競争率は非常に高くなっていますが、是非、相馬選手も東京オリンピックに出られるように頑張っていほしいですね!

コメント