甲子園2020春選抜高校野球の優勝候補は?注目・ドラフト候補選手も

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

ついに甲子園2020春選抜高校野球の出場校が決まりましたね。

夏の甲子園が終わってから楽しみにされていた高校野球ファンの方も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではは甲子園2020春選抜高校野球の優勝候補校、注目選手・ドラフト候補選手をまとめました!

【春の甲子園2020】第92回選抜高校野球の優勝候補は?注目・ドラフト候補選手も

甲子園2020春選抜高校野球の優勝候補校!

今年1月24日に甲子園2020春選抜高校野球の出場32校が決まりましたね!

そこでここでは32校の内、優勝候補校と言われている3校を紹介したいと思います!

 

高校 高崎健康福祉大高崎 中京大中京 大阪桐蔭
都道府県 群馬県 愛知県 大阪府

 

高崎健康福祉大学高崎高等学校

今回で3年ぶり4度目の出場となった高崎健康福祉大高崎。

高校野球の大会では「健大高崎」とよく耳にする高校ですね!

 

昨秋群馬県大会では3位だったものの、関東大会では優勝、明治神宮大会では準優勝など着実に力をつけてきて春選抜へ向かう形となりました。

 

健大高崎は現在、足を使った攻撃に打撃力を加えた「新・機動破壊」という戦術の完成度を高めていて、春選抜ではその成果が見られる大会となるでしょう!

 

中京大学附属中京高等学校

10年ぶり31度目の出場となった中京大中京。

今年はタレント選手が多く揃ったチームとなりました。

 

中京大中京は昨秋愛知大会優勝、東海大会優勝、明治神宮大会優勝など圧倒的な強さで順調な形で春選抜へと向かいます。

 

プロ注目エース高橋宏斗擁する中京大中京が春夏合わせて12回目の全国制覇を目指します。

 

大阪桐蔭高等学校

今年で2年ぶり11度目の出場となる大阪桐蔭。

2018年は甲子園で春夏連覇を果たしたのはとても記憶に残っていますね。

 

大阪桐蔭は昨秋大阪大会優勝、近畿大会準優勝と春選抜に向けて強豪らしい結果を残してきました。

 

2018年は甲子園で春夏連覇を果たしたものの、2019年は一転して出場すらできなかったという悔しさを胸に今大会に臨むようです!

 

ここまで優勝候補校として健大高崎、中京大中京、大阪桐蔭の3校を紹介してきましたが、今年はどのチームも実力がありどこが勝つかわからない非常に楽しみの多い大会になると思います!

 

甲子園2020春選抜高校野球の注目選手・ドラフト候補選手

今回は甲子園2020春選抜高校野球の注目選手・ドラフト候補選手を4人ピックアップして紹介していきます。

 

選手名 高橋 宏斗 中森 俊介 来太 涼斗 内山 壮真
高校 中京大中京 明石商 明石商 星稜

 

高橋 宏斗(投手)

 

183cm、79kg、右投げ右打ちの中京大中京の投手です。

高橋選手は中京大中京で1年生の夏からベンチ入りをし、そのころから要所要所で試合に出ていました。

 

優勝をした明治神宮大会では投げたのは3試合、15投球回で、防御率1.80、被安打率4.80、奪三振率9.60、四死球率1.80という成績でした。

 

このように四死球が少なく安定感のある投手で、最速150km/hの直球に加え、スライダー、ツーシーム、スプリットなどの多彩な変化球で三振を奪うこともできる投手です。

 

すでにドラフト上位指名候補選手の呼び声が高く、春選抜での投球にも期待が持てますね!

 

中森 俊介 (投手)

 

181cm、79kg、右投げ左打ちの明石商業の投手です。

世代No.1と評価されている投手です。2

年生の頃からエースとして活躍をし、夏の甲子園ではベスト4進出に大きく貢献しました。

 

最速151km/hの直球とスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップを投げ分けるプロ注目の本格派の投手です!

奪三振の数が非常に多く投手戦が好きな人は是非見てはいかがでしょうか。

 

実生活では学校の成績も良いなど、文武両道がしっかりできていて、好感の持てる選手ですね!

現在すでに、ドラフト上位、一位などの声も多い投手です!

 

来太 涼斗 (外野手)

 

180cm、82kg、右投げ左打ちの明石商業主将の外野手です。

強豪明石商業で1年生の頃から試合に出場し、甲子園には三度出場している選手です。

 

甲子園での成績は打率.371、3本塁打で、2019年春の甲子園では史上初の先頭打者ホームラン&サヨナラホームランを打ったことは記憶に新しいですね。

 

また、長打力だけでなく50m、5.9秒など俊足もこの選手の持ち味です。

 

高校通算29本塁打など結果も数字でしっかりと残していて、投手の中森選手とともにドラフト上位候補に挙げられています。

 

内山 壮真 (捕手)

 

172cm、72kg、右投げ右打ちの星稜高校主将の捕手です。

 

中学生時代に二度の全国制覇、U-15日本代表で活躍をし、強豪星稜高校で1年生の頃から試合で活躍している選手です。

 

秋の新チームになってから捕手に転向したものの、星稜監督である林和成監督からはすでに全国トップクラスの捕手と大きく信頼されています。

 

バッティングも高校通算27本塁打と好成績で、ドラフト候補として早くから注目を集めています!

 

まとめ

今回は甲子園2020春選抜高校野球の優勝候補校、注目選手についてまとめてきました。

 

今回紹介した高校、選手はもちろんのこと、そのほかにも実力のある高校や素晴らしい選手が多数出てくる大会なので一試合一試合、目が離せない試合になること間違いありませんね!

 

また、まだドラフト候補として名前が挙がっていない選手でも今大会や今後の成績次第ではどんどんドラフト候補に挙がってくる選手もいると思うので楽しみにしたいですね!

 

コメント