八村塁のアメリカでの評価やプレースタイル!学歴・経歴や幼少期についても

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

日本でもよくその名前を聞く、アメリカで最も人気で活気のあるスポーツリーグの一つであるNBA。

そんな世界最高峰のバスケリーグで活躍する選手は海外の選手ばかりでなく日本人の選手でも活躍している選手がいます。

 

そこで今回は、日本人で3番目にNBAに挑戦し、先日、NBAオールスターにも選ばれた八村塁選手の学歴や経歴、プレースタイルやアメリカでの評価についてまとめてきました。

八村塁のアメリカでの評価やプレースタイル!学歴・経歴や幼少期についても

八村塁プロフィール(学歴・経歴・家族など)

八村選手のプロフィールはこちら!

  • 名前:八村塁(はちむら るい)
  • 生年月日:1998年2月8日
  • 身長:203cm
  • 体重:104.3kg
  • 血液型:A型
  • 所属チーム:ワシントン・ウィザーズ
  • 出身地:富山県富山市
  • ポジション:パワーフォワード/スモールフォワード
  • 足のサイズ : 34cm
  • 最高到達点 : 386cm

 

八村塁選手は、田臥勇太選手、渡邊雄太選手に続いて日本人で3番目にNBAに、しかもドラフト指名されたということで有名な選手ですね。

 

そんな八村選手ですが、幼少期からバスケットボールをやっていたわけではなく、中学校に上がるまでは陸上の短距離や野球に打ち込んでいました。

 

中学校は富山市立奥田中学校に通い、そこでも野球を続けていたのですが、身体能力の高さから友人にバスケットボールを勧められたことで、バスケ部に入部したことが、バスケを始めるきっかけになりました。

 

そこで八村選手は中学三年生の時に全国準優勝を果たし、そして大会ベスト5にも選ばれています!

 

才能があったことももちろんながら多くの努力をしたことがうかがえますね!

 

高校はバスケットボールの強豪校である宮城県仙台市の明成高校に入学します。

 

高校では一年生の頃からすぐにレギュラーを獲得し、第44回全国高等学校バスケットボール選手権の決勝戦で一年生ながら32得点でチームを優勝へと導き、大会ベスト5にも選ばれました。

 

翌年の第45回全国高等学校バスケットボール選手権でも大活躍をし、2年連続での優勝をします。

ここでもまた大会ベスト5に選ばれます。

 

三年生になると、明成高校史上初のインターハイ制覇、第46回全国高等学校バスケットボール選手権優勝で大会3連覇を果たします。

もちろん、ここでも大会ベスト5に選ばれました。

 

明成高校を卒業すると、NBAに行くことを目標としていた八村選手は、オファーのあったアメリカNCAAディビジョン1の大学の中からゴンザガ大学を選び、入学をします。

 

普通であれば日本人選手がバスケットボール世界最高峰のアメリカのNCAAディビジョン1の大学から声がかかることは、まずないのですが、八村選手の場合はU-17世界選手権での活躍がきっかけになったのではないかと思います。

 

日本代表経歴は2013年にU-16日本代表に選出、2014年にU-17日本代表に選出、2015年には日本代表候補に高校生で唯一選出、2018年には日本代表デビューを果たすなど、中学生からバスケを始めたとは思えないほどの輝かしい経歴ですね!

 

八村選手は父親がベナン人、母親が日本人のハーフです。

 

八村選手は4人兄弟で4人中3人がバスケをしています。

 

弟の八村阿蓮(はちむら あれん)さんは、八村塁選手と同じ明成高校でプレーをし、東海大学に進学してバスケを続けています。

 

また、U-16日本代表に選出されるなどこちらも素晴らしいプレイヤーです。

 

妹の八村安美菜(はちむら あみな)さんは現在高校三年生で東京のバスケの強豪校の明星高校に通い、バスケをしています。

八村塁のプレースタイルは?

八村選手のプレースタイルに対して、世界的に有名なプレイヤーであるステフィン・カーリー選手は

「実際に彼のプレーを見ていると、サイズがあるということもあるんですが、高いバスケットボールIQを持っているように思います。そしてリング付近においては、良いシュートタッチも持っています。どんな状況であろうと得点することができ、ディフェンスでも(相手に)プレッシャーをかけることができる彼のプレースタイルは、NBAのゲームそのものが向かっている方向性と、すごく合っているのではないかと思います。」

と述べています。

(参照 : https://basketballking.jp/news/world/nba/20190624/170829.html)

 

八村選手は身長203cmに加えて、最高到達点が386cmという驚異的なジャンプ力も備えています。

八村選手の最も魅力的なポイントは、高い得点能力だと思います。

 

フィジカルの強さや高校で培った技術の高さから、インサイドで得点をとれることはもちろん、最近ではアウトサイドからも点数がとれるようになり、得点能力がさらに高くなったように感じます。

 

八村塁のアメリカでの評価は?

 

前に述べたようにNBAスター選手のステフィン・カーリー選手にも注目されるほどの八村塁選手のアメリカでの評価はどうなっているのでしょうか。

 

アメリカのゴンザガ大学入学後の八村選手は、マウイインビテーショナルという招待大会でドラフト1位だったザイオン・ウィリアムソン選手が所属するデューク大学に勝利し、優勝に導き大会MVPを獲得したことで、アメリカでの八村選手の株価は急上昇しました。

 

その後、八村選手は2018-19シーズンでジュリアス・アービング賞という、この賞はNCAA(全米大学体育協会)のスモールフォワードの年間最優秀賞を受賞します。

 

ジュリアス・アービング賞を受賞した選手には、スタンリー・ジョンソン、デンゼル・バレンタイン、ジョシュ・ハートなどがいます。

 

日本人初のNBAドラフト1巡指名を受けるだけの実績をアメリカで残しています。

 

同チームのアイザイア・トーマス選手は、八村選手について

「前の試合で彼は30点決めたんだから、彼はとてもいい感じだ。彼にとって全てが目まぐるしく過ぎて行っていると思うけど、彼は高いバスケットボールIQの持ち主で、とても才能のある選手だ。チャンスもある。我々は彼を信頼している」

と述べており、チーム内での信頼もしっかりと獲得していますね。

(参照 : https://the-ans.jp/news/96378/)

まとめ

今回はNBAで活躍する八村塁選手についてまとめてきました。

 

兄弟でバスケをしていて、いつか日本代表として同じコートに立つことがあるかもしれませんね。

 

八村選手が優れた身体能力と得点能力でこれから、どれだけNBAの舞台で活躍し続けることができるかとても楽しみですね!

 

また、今後八村選手のようにNBAに挑戦する選手がいたら注目していきたいですね。

コメント