町田浩樹の学歴(高校・大学)や年収などプロフィール!スピードやプレースタイルも

昌司源選手や植田直通選手の二人のセンターバックを海外のクラブへと輩出した鹿島アントラーズ。

 

二人の大黒柱を失ってもなお、リーグ上位に位置しています。

 

この鹿島アントラーズの安定した成績をセンターバックとして支えているのが、東京オリンピック代表候補の町田浩樹選手です。

 

今回はそんな町田選手の学歴や経歴、年収やプレースタイルについてまとめてきました。

町田浩樹の学歴(高校・大学)や年収などプロフィール!スピードやプレースタイルも

町田浩樹のプロフィール(学歴・経歴・家族など)

町田浩樹選手のプロフィールはこちら!

  • 名前:町田浩樹(まちだ こうき)
  • 生年月日:1997年8月25日
  • 身長:190cm
  • 体重:80kg
  • 血液型:B型
  • 所属チーム:鹿島アントラーズ
  • 出身地:茨城県
  • ポジション:DF
  • 利き足 : 左

町田浩樹選手は現在年齢が22歳で、東京オリンピックでの出場が期待される選手です。

 

茨城県が出身であることはわかったのですが、それ以上の詳細はわかりませんでした。

 

町田選手の出身中学校の情報はありませんでした。

 

出身高校は鹿島学園高等学校という、鹿島アントラーズユースの生徒を受け入れている高校に通います。

 

高校卒業後は早稲田大学人間科学部eスクールへと進学します。

 

早稲田大学人間科学部eスクールはJリーグと提携している大学なので、この大学に所属しているJリーガーは町田選手のほかに何人かいます。

 

しかし、Jリーグでのプロ生活と学業の両立は難しく、卒業できない生徒もいままでにはいました。

 

町田選手がサッカーを始めたのは、小学校に入る前のことで、5歳の頃にご両親が仕事で忙しかったため、放課後に習い事をさせたくてサッカーを始めました。

 

小学校の頃にはサッカーのほかに、水泳、習字を習っていました。

 

小学四年生の頃に鹿島アントラーズの下部組織である、鹿島つくばJrユースに入団します。

 

鹿島つくばJrユースからは、鹿島ユース、2015年に鹿島アントラーズの2種選手として登録、2016年に鹿島アントラーズに正式に加入、2017年に初J1デビューを果たします。

 

2018年、2019年には徐々に出場回数を増やしていき、2019年は20試合以上の出場を果たします。

 

順調に成長していった町田浩樹選手は2017年にデビューし活躍を期待されるも、右ひざ前十字じん帯損傷の全治6カ月のけがをしてしまいます。

 

同時期にMFのレオ・シルバ選手が左ひざ半月板の手術をし、離脱するなど、チーム内のけがが相次ぐ鹿島アントラーズにはつらい時期になりました。

 

代表経歴はこちらです!

2013年 U-16日本代表、U-17日本代表
2014年 U-17日本代表
2015年 U-18日本代表
2016年 U-19日本代表
2017年 U-20日本代表
2019年 U-22日本代表
2020年 U-23日本代表

怪我で離脱を余儀なくされた年以外は、ほとんど年代別代表に選ばれ続けている素晴らしい選手ですね。

 

家族は、父、母、姉、弟の5人家族です。

 

弟さんは、鹿島つくばJrユースでサッカーをしていて、町田浩樹選手のエスコートキッズをしたこともあります。

 

町田浩樹の年収

鹿島アントラーズ加入から町田選手の年俸は、2018年までの3年間は360万円でしたが、2019年には480万円に上がっています。

 

東京オリンピックに出場して活躍することがあれば、更に年俸が上がってくるかもしれませんね。

町田浩樹のスピードやプレースタイル

町田選手の最大の持ち味は、身長190cmの高さを生かした、空中戦の強さです。

 

町田選手がゴール前を固めると、相手チームとしてはなかなかクロスを入れられずに、チームのクロスへの対応は非常にやりやすくなります。

 

また、町田選手は利き足の左足からの正確なロングフィードも持っており、DFラインからも攻撃につながるパスを出すことができます。

 

さらに、町田選手はスピードも遅いわけではなくある程度の速さも持っています。

 

そのことから、時には左サイドバックとして出場することもあります。

 

190cmほどのサイズのサイドバックというのは世界を見てもなかなかいないので、相手からしたら非常にやりづらいと思います。

 

ただ、ドリブルで抜かれてしまうというシーンを見かけることが多いので、そこを改善することができればさらに良い選手に成長してくれると思います。

 

まとめ

今回は東京オリンピック代表候補で、将来A代表で活躍することも期待される町田浩樹選手についてまとめてきました。

 

子供の頃から鹿島でプレーし続けた町田選手が今後海外のクラブに移籍することがあるのかなど将来が非常に楽しみな選手ですね。

 

怪我に苦しむ時期もありましたが、年代別代表で出場するなど、めげずに努力し続けていることがうかがえる好印象な選手でしたね。

 

高さを生かしたプレーや、正確な左足のキックなどで選手価値を見せつけて、東京オリンピックに出場することを期待したいですね。

コメント