古賀太陽のプレースタイルは?親(父・母)・彼女や年収などプロフィールも!

★2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。 それを受け、当サイトでは現在記事内で紹介している価格に対し【税込表示】へと変更作業を行なっておりますが、作業が間に合っていないページもございます。 なるべく早急に切り替え作業を完了させる予定ですので、その旨ご了承ください。

昨年行われた、サッカーE-1選手権で、当時J2のクラブである柏レイソルから選手が選ばれていましたね。

 

その選手が古賀太陽選手です。

 

柏レイソルのJ1昇格を支えた古賀太陽選手はいったいどんな選手なのでしょうか?

 

今回そんな古賀選手の学歴や経歴、彼女家族や年俸、プレースタイルについてまとめてきました!

古賀太陽のプレースタイルは?親(父・母)・彼女や年収などプロフィールも!

古賀太陽のプロフィール(学歴・経歴・家族など)

古賀太陽選手のプロフィールはこちら!

  • 名前:古賀太陽(こが たいよう)
  • 生年月日:1998年10月28日
  • 身長:182cm
  • 体重:71kg
  • 血液型:B型
  • 所属チーム:柏レイソル
  • 出身地:千葉県
  • ポジション:DF
  • 利き足 : 右

昨シーズンJ2で優勝し、今シーズンからJ1に昇格することが決まった柏レイソル所属の古賀太陽選手。

 

古賀選手は、浦安市立舞浜小学校に通っていました。

 

小学校卒業後は浦安市立堀江中学校に通います。

 

高校は日本体育大学柏高等学校に通います。

 

日本体育大学柏高等学校は、柏レイソルユースの活動を総合的にサポートし、柏レイソルユースに所属する多くの選手が、生徒として在籍しています。

 

また、部活動も盛んで、空手、野球、サッカー、陸上、ダンス、ラグビー、男子バスケットボールの強豪校です。

 

サッカー経歴は、小学校時代に舞浜FCファルコンズに入団します。

 

小学校四年生になると、柏レイソルの下部組織である、柏レイソルU-12に加入します。

 

中学校では柏レイソルU-15でプレーをして、高校でも柏レイソルU-18に昇格してプレーをします。

 

高校三年生の5月に柏レイソルの2種選手として登録されます。

 

高校卒業後の2017年に柏レイソルのトップチームに昇格を果たし、3月4日にプロデビューを果たします。

 

2018年に育成型期限付き移籍で、アビスパ福岡に入団します。

 

2019年には移籍期間満了を持って、柏レイソルに復帰します。

 

古賀選手の代表歴はこちら!

2013年 U-15日本代表
2014年 U-16日本代表候補
2016年 U-19日本代表
2017年 U-20日本代表
2019年 U-22日本代表、A代表デビュー
2020年 U-23日本代表

年代別代表に、何度も選ばれて、2019年のE-1選手権でA代表デビューを果たします。

 

2019年のトゥーロン国際大会では怪我のためU-22日本代表から離脱することになりましたが、先日のアジア選手権では年代別代表に復帰しました。

 

古賀選手の家族の情報は調べたのですがとくには出てきませんでした。

 

ただ、柏レイソルのオフィシャルサイトで古賀選手は携帯の写真フォルダに多く入っているものについて

家族、愛犬

と答えていました。

(参照 : https://www.reysol.co.jp/team/players/2018/26.php)

写真をたくさん撮るくらいなので、家族関係はとても良好であると思います。

 

古賀太陽の年俸

古賀太陽選手の2019年の年俸の情報は見つかりませんでした。

 

しかし、2017年は480万円、2018年は600万円と若手選手の中では高い年俸を貰っています。

 

おそらく2019年の年俸は600万円以上になっていると推測できます。

古賀太陽の彼女は?

イケメンと騒がれるほどの古賀太陽選手ですが、現在彼女の情報は調べても出てきませんでした。

 

柏レイソルのオフィシャルサイトで、未婚と明言しているので結婚も特にしていないようです。

 

サッカーもできて、高身長でイケメンなので、彼女ができる日もそう遠くないかもしれませんね。

古賀太陽のプレースタイル

長身のサイドバックとしてプレーする古賀太陽選手ですが、運動量も非常に豊富で、オーバーラップする機会も非常に多く、チームの攻撃に厚みを持たせることができます。

 

古賀選手は左のサイドバックとして起用されることが多く、左利きと間違われることもあるほどの精度の高いキックを持っています。

 

両足が高レベルの次元で使えるということは武器になりますね。

 

また、両足の精度が高いことから左サイドバックだけでなく右サイドバックでもプレーができます。

 

その他にも、センターバック、守備的なミットフィルダーなど数多くのポジションをこなすことができるので出場機会も多くなります。

 

しかし、2018年のAFC U-23選手権グループリーグ第3戦北朝鮮戦で、自身のパスミスが失点につながり、その後うまく試合に入り込めない、2020年のAFC U-23選手権グループリーグ第1節サウジアラビア戦で、試合終了間際に自身のバックパスのミスで決勝点を挙げられるなど、大事な局面でミスをしてしまったことがあります。

 

この大きなミスから、成長して東京オリンピックでは躍進をとげてくれることを期待しましょう!

 

まとめ

今回は柏レイソルの古賀太陽選手についてまとめてきました。

 

小学生の頃から柏レイソル一筋の選手でしたね。

 

今後移籍することがあるのかどうかとても興味深いですね。

 

また、プレースタイルは、豊富な運動量高いキック精度で攻撃面でチャンスを演出し、幅広いポジションをこなすことができる、ユーティリティープレイヤーでしたね。

 

今後、東京オリンピックや、A代表で見ることも多くなると思うので、古賀太陽選手のこれからの活躍を期待しましょう!

コメント